Sponsored Contents

servicesの最新記事

Image credit:
Save

Flickr、無料プラン縮小を発表。容量1TBから1000点に、2019年2月5日以降は超過分を削除

超過している人はProへ移行かDLを

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年11月2日, 午後12:25 in services
276シェア
39
237
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

写真共有サービスのFlickrが、無料プランのサービス変更を発表しました。従来、無料プランでは1TBまでのストレージ容量を利用できましたが、これが2019年1月8日以降は写真または動画の保存が1000点までしかできなくなります。

Flickrは今年4月、同じく写真共有サービスのSmugMugに買収されましたが、それ以降で初の大幅なサービス変更です。

2019年1月8日以降、1000点以上の写真や動画が保存されている場合は、それ以上のアップロードが出来なくなるだけでなく、2月5日以降は日付が古い順にファイルが削除されるといいます。

ストレージサービスが容量の縮小を行うことは過去にもありましたが、超過分の削除を行うのは珍しいかもしれません。なお、大多数のProユーザーが1000点以上の写真を保存しているのに対し、無料プランユーザーの97%以上は、1000点未満しか保存していないとのことで、実際の影響は小さいようです。

Flickrは2013年から無料プランで1TBのストレージを提供していましたが、これにより写真に興味がないユーザーも引き寄せてしまったと、その施策が過ちだったと振り返っています。有象無象の写真が集まり、Flickrの価値を落としてしまったとの考えです。

このため、今後は有料のProサービスに重点を移すとのこと。広告が表示されないブラウジングや容量無制限のアップロードはこれまで通りですが、それに加えて5K解像度の写真のアップロードをサポートし、動画の再生時間を3分から10分に延長(2019年早期に実施予定)。このほか、Adobeなどのパートナーからのディスカウントも受けられるとしています。

なお、2019年1月からは、米Yahoo!アカウントを使わずにFlickrにログイン可能になるとのことです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

276シェア
39
237
0

Sponsored Contents