Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iOS 12.1でiPhone X/8のバッテリー設定に「パフォーマンス管理」追加。対象ユーザーは要確認

影響は目立ちにくいかもしれないそうです

Kiyoshi Tane
2018年11月1日, 午後05:30 in iphone
173シェア
21
78
0
74

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

正式配信が開始されたiOS 12.1において、かつてiPhoneで物議を醸した「デバイスが突然システム終了しないようにするパフォーマンス管理機能」(いわゆる意図的低速化)の対象が、iPhone XやiPhone 8/8 Plusにも広がったことが明らかとなりました。

これに伴って、アップル公式サイトのサポート文書「iPhoneのバッテリーとパフォーマンス」ページも更新されています。なお該当ページの文書では、これらのモデルでは「パフォーマンス管理の影響が目立ちにくいかもしれません」との文言もあります。

battery


アップルのいう「パフォーマンス管理機能」とは、具体的にはバッテリーが経年劣化したiPhoneの速度をiOSによって意図的に落とすことです。2017年末にはアップルが公に告知せずにiOS 10.2.1から組み込んでいたことが発覚し、各国で訴訟騒ぎに発展していました。

古いiPhoneを買い替えさせるためではないか?との非難を完全否定したアップルは、劣化したバッテリーで突然のシャットダウンを防ぐためとする一方で、説明不足を謝罪し、期間限定でバッテリー交換値下げなどを実施しました。

さらにiOS 11.3以降では「設定」内に「バッテリーの状態」項目を設け、ユーザーが「パフォーマンス管理機能」をオフに出来るように変更されています(バッテリーに問題がない場合は項目自体が非表示となっています)。要は「性能は低下しませんが、予期せぬシャットダウンも自己責任で」という姿勢です。

iOS 12がリリースされた時点では、このパフォーマンス管理機能の対象はiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus に限られていました。今回はiOS 12.1にて、このリストにiPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone Xが加えられたというわけです。

上記サポート文書では「iOS 12.1 以降では、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X にこの機能が組み込まれていますが、これらのモデルはハードウェア面でもソフトウェア面でもより進化した設計になっている」ため、影響が目立ちにくい「かもしれません」とされています。

実際のところ、iPhone Xや8/8 Plusはまだ発売から1年と少しという新しめの製品となるため、現時点では影響が確認できるデバイスは少ないと思われます。
また、これらの機種でもパフォーマンス管理機能は無効化が可能で「シャットダウン上等、パフォーマンス最優先」の運用ができるのも、従来どおり。これらのモデルが加わったのは、問題となる前の対策という側面が強そうです。

ということで、パフォーマンス管理機能のリストに入るのは、発売からおよそ1年ということがわかった今回の更新。2018年の最新端末であるiPhone XSやiPhone XS Max、iPhone XRも、いずれは適用対象リスト入りするのかもしれません。

Source: Apple
関連キーワード: apple, battery, ios12, ios12.1, iphone, iphone8, iphone8plus, iphoneX
173シェア
21
78
0
74

Sponsored Contents