Sponsored Contents

Nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO ゲンガー・デイは本日11月3日(土)正午から。シンオウの新種や新規色違いも狙えるロス

「いつでも冒険モード」も段階的に解禁中

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年11月3日, 午前08:29 in Niantic
72シェア
7
65,"likes":25
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


ゲンガーがレイドボスをジャックするゲンガー・デイ、正式名「スペシャルレイドチャレンジ」は本日11月3日(土)の正午から15時まで3時間の開催です。

目玉は特別なわざ「したでなめる」「サイコキネシス」を覚えたゲンガー。色違いもようやく実装です。

ほか、ゲームが激変する新機能「いつでも冒険モード」、11月からのフィールドリサーチで入手できるシンオウ地方の新ポケモンと期間限定ポケモン、新規の色違いなど、ゲンガー・デイのついでに狙いたい要素をまとめてお伝えします。

ゲンガー・デイおさらい


・11月3日12時〜15時

・みんな大好き(?)、ゴースト/どくタイプのシャドーポケモン『ゲンガー』がレイドボスとして同時多発出現

・ゲンガーの色違いもついに実装
(野生では極めて低確率の色違いポケモンも、レイドボスでは遭遇率が高くなっている例が過去にはありました)

・イベント中に捕らえたゲンガーは、特別に通常技「したでなめる」とチャージ技「サイコキネシス」を覚えている。
(ゲンガーはアタッカーとして優秀。「したでなめる」もダメージ効率が高い)

・通常は一日一枚の無料レイドパスが最大5回(5枚)まで支給


ゴーストタイプアタッカーの獲得にも、色違いのコレクションにも、単にレイド戦の報酬目当てでも、できるだけ参加したいイベントです。ゲンガー狩りに有効なのはゲンガー、ミュウツーなど。

さらに、最近の更新で加わった要素は:


むしタイプがテーマのフィールドリサーチタスク追加。特に狙い目は、

・「むしタイプを5匹捕獲」で新規追加のポケモン「ツチニン」

・「ノーマルタイプを5匹捕獲」でカイロス(色違いが実装されたため)

・「ポッポを二匹進化」でキャタピー(色違いが実装されたため)

・「カーブボールのナイススローを3回」でパッチール#7 (新登場のパターン)

・フィールドリサーチの大発見リワードでヌケニン

キャタピー、カイロスともにカントーの古株ですが、これまでは色違いが存在しませんでした。

蝉の幼虫モチーフのツチニンは、本編ゲームではある条件で進化させると蝉の成虫モチーフのテッカニンと、いつの間にか抜け殻モチーフの「ヌケニン」が手に入るギミックがあったポケモン。

ポケモンGOでは、フィールドリサーチを7日分クリアした大発見リワードとしてヌケニンが手に入ります。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Niantic, Pokemon, Pokemon go, Pokemongo
72シェア
7
65,"likes":25
0

Sponsored Contents