Sponsored Contents

Servicesの最新記事

Image credit:
Save

アップル、サポート終了のiPhone 5を2020年まで修理対応。ヴィンテージ製品修理の試験プログラムに追加

ただし部品在庫が尽きれば修理はできません

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年11月2日, 午後02:40 in Services
234シェア
62
111
0
61

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View
アップルはヴィンテージ製品のリストに新たにiPhone 5を加え、アップルストアと正規サービスプロバイダーによる、正規の修理対象から除外することをあきらかにしました。しかし、アップルはヴィンテージ製品修理の試験的プログラムの対象製品にiPhone 5を組み入れ、引き続き修理対応を行う模様です。

このプログラムはアップルストアおよび正規サービスプロバイダーに対し、ヴィンテージ製品であっても部品の在庫に応じて修理対応を行えるようにするというもの。

アップルは2018年1月にヴィンテージ製品修理サービスの試験的プログラムを開始しました。当初は米国とトルコでのみ、iMac(mid 2011)を対象に2018年8月31日までの実施としていたものの、その後期間は2019年1月1日まで延長されました。

さらに8月にはMacBook Air(Mid 2012)をリストに加え、こちらは2020年8月31日までの対応とするとともに、試験的プログラム実施地域を全世界に拡大しています。

そして今回は、新たにヴィンテージ製品に仲間入りしたiPhone 5が、このプログラムの対象に加わったことになります。修理対応期間はCDMA版が2020年10月5日まで、GSMその他のバージョンは2020年12月30日までとなっています。

なお、今後もこのプログラムに加えられる機種は増加する見込みで、MacRumorsが複数のソースから得たというアップルの内部文書には、iPhone 4S、MacBook Pro(15インチ Mid 2012)、MacBook Pro (Retina 13インチ Late 2012)、MacBook Pro (Retina 13インチ Early 2013)、MacBook Pro (Retina Mid 2012)、Mac Pro (Mid 2012)の名前が記されています。修理対象期間はiPhone 4S、MacBook Pro(15インチ Mid 2012)が2020年11月30日まで、それ以外は2020年12月30日まで。

勘違いしてはいけないのは、このヴィンテージ製品修理サービスはあくまでも試験的サービスだということ。対象製品リストに含まれている機種を持ち込んだとしても、部品在庫状況などによって修理できない場合があります。そのような場合は自分で修理する業者を探したり、修理方法を調べるたりすることもできますが、特別な理由がないならさっさと買い替えてしまうほうが楽かもしれません。

234シェア
62
111
0
61

Sponsored Contents