Sponsored Contents

HUAWEI Tipsの最新記事

Image credit:
Save

P20 liteで指紋センサーを上手に活用する:HUAWEI Tips

ロック解除以外にも役立ちます

104シェア
8
21
0
75

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

HUAWEI P20 liteは指紋認証と顔認証のどちらにも対応していますが、使い比べてみると、顔認証のほうがスピーディーにロックを解除できるので、顔認証をメインに使う人が多いのではないかと思います。

ですが、指紋センサーには、ロックを解除する以外にも便利な機能があるんです。これは使わないともったいないですよ!

Gallery: 指紋センサーを活用する | 8 Photos

8

まず、指紋を登録しなくても使える機能を紹介しましょう。指紋センサーを長押しする「長押しジェスチャー」と、上下または左右になぞる「スライドジェスチャー」という機能があります。どちらも、「設定」から「セキュリティとプライバシー」に進み、「指紋ID」をタップすると設定できます。

HUAWEI Tips
▲ホーム画面で「設定」をタップして、次に「セキュリティとプライバシー」をタップ

HUAWEI Tips
▲続いて「指紋ID」をタップ。「長押しジェスチャー」と「スライドジェスチャー」の設定画面が表示されるので、使いたい機能だけをオン(青)にする

「長押しジェスチャー」に対応する操作は3つあります。「写真/ビデオを撮影」は、指紋センサーをシャッターとして使える機能。シャッターのアイコンよりも触れやすい位置にあるので、手ブレの防止にもつながります。とくに、自撮りの際に重宝してくれるでしょう。「電話に出る」機能を使えば、端末をバッグやポケットから取り出して、スピーディーに応答できるようになります。「アラーム停止」は、アラームが鳴ったときに、指紋センサーを長押しして消音できる機能です。必要な機能だけをオンにして利用可能となっています。

HUAWEI Tips
▲「写真/ビデオを撮影」をオンにしておくと、インカメラで自分を撮る際にも重宝する

「スライドジェスチャー」に対応する操作は2つです。「通知パネル表示」は、指紋センサーをなぞって、画面上部から通知パネルを引き出せる機能。スマホを片手で操作しているときに役立つこと請け合い。もうひとつの「写真を閲覧」は、「ギャラリー」や「フォト」の写真を見るときに、指紋センサーをなぞって表示する写真を切り替えられる機能です。

HUAWEI Tips
▲「通知パネル表示」では下方向になぞると通知パネルが表示。上方向になぞって元に戻せます

指紋を登録している場合は「画面ロックの解除」以外に、人に見られたくない画像やドキュメントなどのファイルを保存できる「Safeボックス」を開くときにも指紋認証が使えます。また、HUAWEI P20 liteには、アプリの起動をパスワードでロックできる機能が備わっていますが、これに指紋を紐づけることもできます。「設定」 「セキュリティとプライバシー」 「指紋管理」に進んで、必要な機能だけをオンにしましょう。

HUAWEI Tips
▲「設定」から「セキュリティとプライバシー」に進み、「指紋管理」をタップ。すでに指紋を登録している場合、その指紋に紐付けパスコードやパターン入力画面が表示されます。ロックを解除すると「指紋管理」画面が表示され、「Safeボックスへのアクセス」と「アプリのロック設定とアクセス制御」のオン・オフを設定できます

HUAWEI Tips
▲ホーム画面で「ファイル」をタップして起動すると「Safeボックス」という項目が。大事な画像や書類などを移して、パスワードを設定してアクセスを制御できるものですが、こちらも指紋認証でアクセスできるようになります

HUAWEI Tips
▲ロックするアプリの設定は、「設定」の「セキュリティとプライバシー」から「アプリのロック」を選んで、指紋またはパスワードなどでロックを解除すると行えます。ロックしたいアプリをオン(青)にすると、アプリを起動する際に指紋認証が求められるように

指紋センサーを上手に使いこなして、HUAWEI P20 liteをより安全かつ快適に使いましょう。

104シェア
8
21
0
75

Sponsored Contents