Sponsored Contents

Gadgetsの最新記事

Image credit:
Save

デスク全体をカバーする厚さ5mmの超ロングマウスパッド登場

肉厚設計が操作の負担を軽減

田沢梓門, @samebbq
2018年11月5日, 午後01:15 in Gadgets
63シェア
0
63
0
0



特設サイト
bunner

   

 

連載

注目記事


ビーズは10月30日、インテリアブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」から「デスクごとゲーミングマウスパッド」を発売しました。

ゲーミング用途を想定したマウスパッドで、キーボードごとマウスパッドの上に置くことが可能。これにより、安定した状態でプレイができるとのこと。 また、マウス感度を低く設定して大きくマウスを動かしても、はみ出ることなくマウス操作を受けといいます。

ヨガマットに用いられるTPE(熱可塑性エラストマー)を採用し、一般的なマウスパッドが厚さ約2mmなのに対して、その倍以上となる厚さ約5mmに設定。これによりゲームプレー時の手や手首、前腕、肘への負担を軽減し長時間のプレイをサポートします。

表面にはきめ細やかな網目の生地で滑りすぎず、グリップしすぎないニュートラルな使用感を目指したそうです。 光学式、レーザー式、ブルーLED式、IRセンサー式と、いずれのタイプのマウスにも対応可能です。 裏面は滑り止め加工が施されているので激しい操作でもマットがズレにくいでしょう。

Engadget
市場で流通している100cmと120cmのデスクの天板全面をカバーできる2サイズをラインアップ。100cmのデスク用の「BMP-1000-BK」はサイズが約幅980×奥行き390×厚さ5mm、重さが300g、価格は税別6000円。120cmのデスク用の「BMP-1200-BK」はサイズが約幅1180×奥行き390×厚さ5mm、重さが350g、価格は税別7000円。

キーボードがマウスパッドに乗り上げてしまうなどの不快感を解消するこのゲームパッドは、ゲーム用途だけでなく、PC作業の時間が長いビジネスマンも重宝しそうな製品ですね。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Bauhutte
関連キーワード: Gadgets, keyboard, maus, mouse, MousePad, pc
63シェア
0
63
0
0

Sponsored Contents