Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

iPhone XR、実質SE化した「iPhone 8」がライバルに──増産中止報道

日経報道

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年11月6日, 午後12:45 in mobile
508シェア
155
237
0
116

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

アップルがiPhone XRの増産を取りやめたというニュースが入ってきた。

iPhone XRは、超高価なiPhone XSに対し、唯一常識的な価格帯の新iPhoneであり(それでも高価だが)、売れ筋として期待されていた。一方日本経済新聞によると、アップルはiPhone XRの増産を取りやめ、逆にiPhone 8 / 8 Plusを増産しているという。

いざ実機に触れてみると、iPhone XRは文句なしに完成度の高い端末だ。画面サイズはiPhone XSとXS Maxの中間... というよりはXS Maxに近く、大画面で視認性は抜群。表示も綺麗だし、程よい厚みで手にフィットする。カメラも単眼だが、2眼のXSシリーズとの差はあまり感じない。カラバリも豊富だ。

ただし、あと2万8000円(約3万円)出せば、憧れの「iPhone XS」が手に入ることを考えると、XRの立ち位置がわからなくなってくる。約2万8000円と聞くと高額だが、比率にすればiPhone XSの25%引きだ。あえて下位モデルのXRを狙う層は、新しいもの好きのアーリーアダプタというよりは、同じiPhoneを3年・4年と使い続ける層だろう。長く使い続けることを考慮すれば、2万8000円の出費を厭わないユーザーがいてもおかしくはない。

実質SE化した「iPhone 8」の存在

それ以上に気がかりなのが、実質iPhone SE化した「iPhone 8」の存在だ。iPhone XSの登場でSEがラインナップから姿を消したことで、iPhone 8が最もコンパクトなiPhoneになった。使い慣れたホームボタンも搭載し、何より価格は6万7000円とXRよりさらに安い。

また筆者は友人にiPhone XRの感想を尋ねたところ、「思ったよりサイズが大きい」という答えがちらほら返ってきた。スマホの画面上で展開されるサービスが社会の発展を牽引する今、筆者は躊躇せずに大画面にトライして欲しいと思うのだが、長らく無印のiPhone 6・6s・7を使い続けたユーザーが、大きさに躊躇してしまうのも理解できる。

ただ、iPhone XRをiPhone 8と比べると、スピーカーの音質も違うし、電池切れで使えるFeliCaも魅力的だ。SE化したiPhone 8がライバルとして君臨する今、アップルはiPhone XRの魅力をより強く訴求する必要がありそうだ。

<価格比較>(いずれも税別)
・iPhone 8・・・6万7800円
・iPhone XR・・・8万4800円
・iPhone XS・・・11万2800円

▲左からiPhone XRとiPhone 8、サイズ差は歴然

engadget
▲BCNが算出したスマホ実売ランキング(10月26日〜11月1日)。iPhone XR発売後にもかかわらずiPhone 8が上位を独占している。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, iphone8, iphonese, iphonexr, mobile
508シェア
155
237
0
116

Sponsored Contents