Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

テスラ、負傷従業員の応急治療を拒否しているとの報道。記録残るため救急車呼ばせず、自分でLyft手配

負傷者数減は「診断の正確性を高めたから」

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年11月6日, 午後06:00 in Transportation
554シェア
0
554
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
電気自動車メーカーのテスラは2018年4月、工場が24時間稼働できるようになったという明るいニュースの影で、労働災害発生件数を過小報告しているとの疑いが報じられていました。そして最新の報道では、テスラの社内診療所に務めていたという元医療スタッフらが、その状況について語っています。

8月にテスラを解雇された医療スタッフのアンナ・ワトソン氏は2018年6月からフリーモント工場の近くの病院Access Omnicareが運営していた社内診療所での業務を振り返り、その医療体制はテスラからの圧力によって、とにかく記録に残る診療を行わないことを最大の目標にしていたと語ります。

調査報道メディアのReveal from The Center for Investigative Reporting(以下Reveal)による報告では、たとえば指先を機械に挟まれ切断してしまった人や、Model Xの車体後部での作業中に落下してきたリアゲートに上半身を挟まれ、激痛で歩くこともままならない状況の人が、適切な治療もなく職場に返され、やむなくLyftを呼んで病院へ向かったとされています。救急車を呼ぶことは法的に記録を残さなければならず、医療スタッフは許可なく救急車を呼ぶことを固く禁じられていたとのことです。

ワトソン氏は石油精製工場、製鉄所、救急センターなどで20年のキャリアがあります。そして「これまで務めていた会社でも、できるだけ(災害としてカウントされる)医療内容を記録しないように求められることはありました。しかし、実際に大怪我をしている社員を犠牲にしてまで、それをなかったことにしようとする現場を見たことがありませんでした」と語っています。

工場内で発生した怪我、たとえば傷口の縫合をしたり骨折用の固定具を使ったりした場合はその記録を残さなければなりません。しかしテスラの社内診療所では、そのような処置のかわりに小さな切り傷用のバタフライバンデージを与えるにとどめていました。そしてしまいには、用意されていた固定具などを診療所から撤去してしまったと、ワトソン氏やその他の元医療スタッフは語っています。

Revealが4月に報告した調査では、テスラは工場内の見た目やスピードを優先して、自ら雇った安全専門家の忠告や懸念を無視していたとされます。 CEOのイーロン・マスク氏はフォークリフトやターレットトラックの黄色い車体色を嫌い、フロアと同じグレーに塗り直させたうえ走行時の警告音をなくしました。さらに、安全確認のための標識を撤去させて、作業環境を損ねていたとかつての安全対策チームのメンバーは述べています。

これに対し、テスラは「Revealの作家は、テスラの完全に間違った絵を描」いている、「テスラに対する仕組まれた虚偽のキャンペーン」だとして「私たちの目標は、地球上で最も安全な工場であること」だと宣言しました

そしてテスラは、6月の株主総会で工場の傷病発生数の減少を発表しました。「これは私にとって非常に重要なことです。なぜなら私たちは明らかに、車を作る人々に大きな負担を強いているからです。私はこの問題を本当に気にしています」と、このときマスクCEOは述べています。

一方、Access Omnicareのオーナー医師バジール・ベッシュ氏は「6月の負傷者の減少はテスラからの働きかけなどではなく、診断の正確性を高めた結果だ」と説明し「救急車の呼び出しは症状が重篤でない場合のみ禁じられるだけだった」と説明しています。またワトソン氏が解雇された理由はAccess Omnicare(とテスラ)の方針に懸念を示したからという件については、現在ワトソン氏がカリフォルニア州医事当局の調査対象になっていることを理由にコメントを避けました。

以前より、テスラの工場の災害件数が多いのはよく報じられていました。National Council for Occupational Safety and Health(労働安全衛生協議会)の"Dirty Dozen"リストにおいても、テスラの工場の労働環境が劣悪であるということが伝えられています。今回のRevealの報告でも、日本人の感覚では指先を落としたり骨折が疑われるような災害で救急車を呼ばないという判断は、なかなか考えられません。

2018年度第3四半期売上高では、しばらく続いた赤字を食い止めたことを祝ったテスラですが、Revealが報告するようにその裏で従業員の赤い血も流されているのだとすれば、そちらもしっかりと止める努力をしてもらいたいものです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Reveal
関連キーワード: business, gear, injury, osha, safety, tesla, Transportation
554シェア
0
554
0
0

Sponsored Contents