Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGOで「ほしのすな」倍増ウィーク開始。10日ヒノアラシ大量発生はさらに倍のチャンス

孵化装置掛け忘れ注意

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年11月7日, 午後09:51 in Niantic
94シェア
26
31
0
37

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View


ポケモンGOで期間限定イベント「ほしのすなウィーク」が始まりました。11月13日(火)まで、ポケモンの捕獲時とタマゴ孵化時に得られるほしのすなが倍増します。

期間中の11月10日(土)には、ヒノアラシ大量発生のコミュニティ・デイが開催予定。

ポケモン捕獲時ほしのすな2倍はコミュニティ・デイ限定のボーナスとしても設定されているため、従来のように効果が重複すれば、交換や育成をすると途端に不足しがちなほしのすなを稼ぐ好機です。



ポケモンGOでは何かにつけて小刻みに「ほしのすな」が得られますが、タマゴの孵化時には多数のアメが手に入るだけでなく、2kmで400-800前後、10kmでは1600-3200とかなり多くのすながいつの間にか稼げます。

つい最近加わった新機能の「いつでも冒険モード」では、ポケモンGOのアプリを閉じているあいだにスマホの運動・健康管理機能が計測した歩行距離も、ポケモンGOに反映してタマゴ孵化や相棒のアメ発見ができるようになりました。

ポケモンGOを変える「いつでも冒険モード」解放。アプリ開かずタマゴ孵化・アメ発見

そこそこ移動するプレーヤーならば、別売りのポケモンGO PlusやApple Watchも不要で次々とタマゴが孵化するようになるため、ほしのすなウィークは特に孵化装置掛け忘れに注意してください。


タマゴといえば、最近のシンオウ地方ポケモン(第四世代、ポケットモンスター ダイヤモンド・パール)追加で、7kmを除くどの距離のタマゴからも新規のポケモンが孵化する可能性が出てきました。

人気のルカリオに進化するリオル(10km)や、ロゼリアの進化前スボミー(5km)など、いまのところタマゴからしか手に入らない新規ポケモンも存在します。

同じ孵化させるなら、ほしのすなも2倍の期間を利用しない手はありません。

ほしのすなウィークは11月13日まで。日本時間ではおそらく14日早朝(6時)までになる見込みです。

関連キーワード: niantic, pokemon, pokemon go, pokemongo
94シェア
26
31
0
37

Sponsored Contents