Sponsored Contents

smartphonesの最新記事

Image credit:
Save

11月9日は大手キャリアの売れ筋スマホがアツい!!ドコモとauが一括5万円以下の3機種を揃って発売

「Galaxy Feel2」「LG it」「AQUOS sense2」の3モデルが揃います

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年11月8日, 午後05:15 in smartphones
138シェア
27
52
0
59

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

大手キャリアのスマホ新機種といえば、ヘビーユーザーの間ではiPhoneやGalaxy Note9といった10万円以上する高級モデルが注目されがち。ですが昨今は、いわゆるミドルレンジクラスにも注目機が続々登場しています。

そして11月9日には、NTTドコモとKDDIより、一括価格が5万円以下で購入できる注目モデル3機種が揃って発売となります。今回は、これら「Galaxy Feel2」「AQUOS sense2」「LG it」の3モデルの特徴を紹介します。

docomo withの注目機が強化 Galaxy Feel2


NTTドコモが発売するのは、サムスン製のスマホ「Galaxy Feel2 SC-02L」で、一括価格は4万2120円(税込)です。なお、NTTドコモからは後述するAQUOS sense2も発売予定ですが、こちらはまだ「今冬発売予定」の状態です。

feel2

NTTドコモとサムスンによると、前モデルの「Galaxy Feel SC-04J」の販売が好調だったことから、継続モデルとして企画・開発したとしています。

画面サイズは5.6インチのOLED(有機EL)で、4GBのRAMや3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、スペックとしては昨今の普段使いにも十分な端末です。カメラは背面と前面ともに1600万画素で、「Galaxy S9」や「Note9」にも搭載されている「AR Emoji」にも対応します。

防水防塵やワンセグ、おサイフケータイなどの日本機能にも対応することからも、コストパフォーマンスが高い1台と言えそうです。「docomo with」の対象機種の為、利用料金からずっと毎月1500円ずつ割り引かれるのも魅力です。

その他の詳細は、下記参考記事をご参照ください。

auからは「LG it」と「AQUOS sense2」の2モデル


KDDIが発売するのは「LG it LGV36」と「AQUOS sense2」の2機種です。

「LG it LGV36」は、LGエレクトロニクス製のスマートフォン。カタログスペックは「Galaxy Feel2 SC-02L」よりも低いですが、約140gの軽さを実現していることや、スマホに詳しくない人が簡単に使い始められる「auかんたんガイド」がプリインストールされていることが特徴です。

lgit

価格は3万2400円(税込)です。2年契約でauスマートパスに加入した場合の実質負担額は1万6200円(税込)となります。その他の詳細は、下記参考記事をご参照ください。



一方の「AQUOS sense2 SHV43」は、シャープ製のスマホ。アルミ素材のボディに5.5インチのIGZO液晶ディスプレイを搭載しながらも、約71mmの本体幅を実現しています。濡れた手でも画面操作を行えることや、AIが最適な撮影モードを自動で選択する「AIオート」カメラ機能などを搭載しています。

sense2

こちらも価格は3万2400円(税込)です。2年契約でauスマートパスに加入した場合の実質負担額は1万6200円(税込)となります。詳細に関しては、下記記事を参照ください。


今回発売となる3機種は、安価なモデルでありながら、それぞれ個性的な機能を備えるモデルでもあります。また持ちやすさや重さ、使い心地といった点も当然ながらそれぞれなので、ぜひ店頭で手に取って確かめてみてください。

138シェア
27
52
0
59

Sponsored Contents