Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

自宅のブラインドを音声操作対応に。チェーンを廻すスマートデバイスBlind Engine

+Styleでは1万7900円から

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年11月8日, 午後10:00
119シェア
14
45
0
60

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

+Style(プラススタイル)は、市販のロールタイプブラインドの上げ下げを手軽に自動化できる「Blind Engine(ブラインドエンジン)」の販売を開始しました。製造は韓国のBrunt、取り扱いは株式会社AJAX(アイアス)です。

本モデルはタイトル画像のように、チェーンやコードに取り付けて制御を行ないます。そのためブラインド側への対応が問題となりますが、この対策として2種類のギアを搭載しているのがポイント。

通常の開閉コードや大小のボールチェーンなど、さまざまなブラインドに対応します。

取り付けも簡単で、同梱される両面テープとネジで固定できます。さらに異常な追加重量、圧力を検知した場合に、自動で停止する安全制御機能も搭載しています。

さらにスマートデバイスだけあり、専用スマホアプリ「Brunt」にも対応。アプリを経由することで、ブラインドの上げ下げを行えるほか、起床時や夕方など、ブラインドの必要な時間帯に合わせてタイマーを設定しておくことも可能です。複数のブラインド操作も可能です。

Blind Engine

さらにGoogle Homeによる日本語の音声操作にも対応します。さらにAmazon EchoやLINE Clovaなど、その他のスマートスピーカーにも順次対応する予定となっています。

本機の重さは215gで、大きさは幅3.8 × 奥行12.6 × 高さ4cm。通信方式は無線LANで、IEEE802.11b/g/nに対応します。電源は付属のACアダプターからの供給です。

カラーはホワイトのみ。+Styleでの販売価格は単品が1万7900円(税込)。2個セットが3万4800円(税込)、3個セットが5万円(税込)、5個セットが7万6000円(税込)です。

119シェア
14
45
0
60

Sponsored Contents