Sponsored Contents

Wearablesの最新記事

Image credit:
Save

Hublot、仮想通貨でしか買えないBig Bangモデル発表。Bitcoin10周年記念

時間よ、2017年末にもーどれ!

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年11月9日, 午前11:00 in Wearables
105シェア
14
48
0
43

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View
時計メーカーのHublotが、ラグジュアリーなBig Bangコレクションに、各種クレジットカード会社が上顧客向けに発行するブラックカードを提示しても購入できないモデル「Meca-10 P2P」を追加しました。そのモデルはBitcoin 10周年を記念して作られた腕時計であり、購入を希望する場合はBitcoin支払いのみを受け付けるとのことです。

Bitcoin10周年モデルというだけあって、この腕時計は出荷時にベゼル部分に支払いに使われたBitcoinトランザクション番号を刻印するとのこと。また具体的に何BTCで取引されるのかは決まっておらず、販売成約時に2万5000ドル相当のBTCを支払うことになるとBloombergは伝えています。Hublotのウェブサイトにも価格は2万5000ドルと表示されています

hublot
Big Bang Meca-10 P2Pモデルは、ビットコイン発行上限数の2100万BTCにちなんで、210本のみが製造されます。しかし、いま手元に何百BTCも所有しているとしても、この腕時計は購入できないかもしれません。なぜならすでに、Hublotは210本(もしくはそれ以上)のMeca-10 P2Pの予約を受けているから。このあたりはまず、お金持ちに金集まるセレブな経済圏に仲間入りするのが、購入までの第一ハードルになっていそうです。

なお、ウェブサイトで見たところではまだ「Register Now」のボタンがあり、予約エントリーはできそうです。ただし、Hublotは香港の調査会社の協力により、購入希望者の信用調査を行なうとのこと。過去に不正に取得した暗号通貨で利益を得ていたり、何らかの資金洗浄に暗号通貨を利用していないかをチェックするとしています。

なお、HublotはBig Bang Meca-10 P2Pに続く第2の暗号通貨専用モデルを用意するかもしれません。HublotのCEO、リカルドグアダルーペ氏は、Bloombergに対して第2の暗号通貨専用モデルを用意していると語り、シリーズ化の可能性を示しました。そして、2019年末までにはHublotのあらゆる時計を暗号通貨払いで購入できるようにする可能性があるとしています。

2017年のいま頃から年末にかけては、ビットコインだけでなく暗号通貨全体の取引価格が急激に上昇し、界隈の人々を狂喜させました。「1年前だったら、Hublotのこの時計買えたのにな...」とつぶやくビットコイナーの声が、どこからともなく聞こえてきそうです。
hublot

Source: Hublot, Bloomberg
関連キーワード: bitcoin, gear, hublot, luxurywatch, watch, wearables
105シェア
14
48
0
43

Sponsored Contents