Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

Windows 10向け「Alexaアプリ」が公開 コルタナさんの影が薄くなる

ただし日本では利用不可

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年11月9日, 午後03:00 in personal computing
172シェア
32
88
0
52

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View

AmazonがWindows 10向けのAlexaアプリをMicrosoft Storeで公開しました。海外では、AcerやASUS、HPなどからすでにAlexaを搭載済みのWindows 10 PCが発売されていますが、今日からは他のWindows 10端末でも利用可能になります。ただし、利用できるのは米国、英国、ドイツのみで、日本からはダウンロードできません。

互換性のある端末では、Echoデバイスや米国でのFireタブレット同様、「Alexa」と呼びかけハンズフリーでの利用が可能です。それ以外の端末では、ボタンをタップするかキーボードショートカットを使ってAlexaをアクティブにする必要があります。

現在はAlexaのフル機能が利用できるわけではなく、動画の操作や通話機能、Spotify、Pandoraは非対応とのこと。また、PC固有の操作については、2019年早期に利用可能になるとしています。

Windows 10上でAlexaが使えることで、はたして便利になるのかという疑問はあります。ただ、Echo ShowやEcho Spotと同様、情報を画面で確認が可能。ほかにも、出張先のホテルでもいつものAlexaが利用できると考えれば、確かに便利なのかもしれません。スマートフォンでも同様のことはできますが、作業中のPCから手を放さずに操作できるのがメリットです。

なお、Windowsの音声アシスタントといえば、すでにCortanaがいますが、AlexaとCortanaは提携を発表済み。現在は一部のユーザーで、ベータテストを実施している段階です。とはいえ、提携の発表から1年以上経っているので、そろそろ一般ユーザーにも使えるようになって欲しいところです。



172シェア
32
88
0
52

Sponsored Contents