Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

11月11日のできごとは「HMZ-T1発売」「初代iPad Pro受注開始」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2018年11月11日, 午後12:00 in today
69シェア
5
31
0
33

連載

注目記事

11月11日のおもなできごと

2006年、ソニーが「PlayStation 3」を発売
2010年、三洋電機がお米でパンを作る「GOPAN」を発売
2011年、ソニーがHDM「HMZ-T1」を発売
2015年、アップルが初代「iPad Pro」を受注開始

2011年:3Dに対応したHD解像度のヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」

today

3D表示は左右の目に別々の映像を見せる必要があります。一般的な3D対応テレビでは画面が1つしかないため、左右の映像を交互に表示し、それに同期してシャッターを切り替える特殊なメガネを使ったり、偏光板を使って左右で違う映像が見えるようにするといった工夫が必要でした。

これに対しヘッドマウントディスプレイは最初から2つのディスプレイを用意できるため、特殊な切り替え装置を使うことなく左右の目に別々の映像を見せることができます。そんな3Dに対応したHMDが「HMZ-T1」でした。メガネがいらないといっても、ディスプレイそのものを頭に固定するため装着感が煩わしいといった別の問題が出てきますが、頭を動かしてもしっかりと3D表示が可能なうえ、「20メートル先に750型相当」という巨大なスクリーンで楽しめるということから、多くの人が興味を示しました。ディスプレイは1280×720ドットの有機EL×2。発売時で約6万円という価格は、意外とお手頃でした。

2015年:Apple Pencilも同時に登場。12.9インチの初代「iPad Pro」

today

過去最大となる12.9インチ(2732×2048ドット)の液晶と、高速なA9Xプロセッサーを搭載したiPadが、初代「iPad Pro」です。タッチ操作にこだわってスタイラスペンを駆逐したiPhone/iPadでしたが、ここにきてApple Pencilを投入。古くからの一部ユーザーを驚かせました。といっても、Apple Pencilは昔ながらの操作用スタイラスペンとは違い、鉛筆やペンといった筆記用具の代用となるため、形は似ていても役割は全く違いますけどね。

つい先日発売された第3世代となる12.9インチの新型iPad Proでは、Face IDの搭載やベゼルの縮小など、見た目も性能も大きく向上しました。Apple Pencilの充電も簡単になりましたし、初代から乗り換えた(or検討中)という人も多いのではないでしょうか。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

関連キーワード: apple, apple pencil, hmd, hmz-t1, iPad pro, sony, today
69シェア
5
31
0
33

Sponsored Contents