Sponsored Contents

softwareの最新記事

Image credit:
Save

スマホやタブレットをPCのBluetoothキーボードにできるアプリ「Rickey+」の無料お試し版が登場

AndroidとWindowsユーザーが対象

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年11月12日, 午後12:30 in software
130シェア
13
117,"likes":96
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


イデア・フロントは、2018年11月9日、Androidスマホやタブレット向けの仮想キーボードアプリ「Rickey+(リッキープラス)」の無料お試し版をGoogle Play ストアで公開しました。


「Rickey+」は、AndroidスマホやタブレットをWindowsパソコン用のBluetoothキーボードとして使えるアプリです。

QWERTキーボードと五十音キーボードの文字入力機能に加え、パソコンのマウスポインタを操作できるマウスパッド機能も利用できます。

Rickey7d image上の画像は五十音キーボード

Rickey7d image上の画像はQWERTキーボード

Rickey7d image上の画像はパソコンのマウスポインタを操作できるマウスパッド機能


また、少し離れた場所からパソコンを無線操作する、リモコンのような使い方もできます。

このほかにも「Rickey+」は、上肢の障害などにより、通常のキーボードの利用が難しい人のための支援機能を備えています。例えばタッチ操作が難しい人なら、スマホやタブレットに接続したマウスやテンキーで「Rickey+」を操作できる他、ほんのわずかな指の動きなどによって、「Rickey+」を通じてパソコンへの入力操作が可能です。


無料お試し版「Rickey7d」では、初回起動時から7日間、全ての機能を利用できます。

動作環境は有料版、無料お試し版共通で、Bluetoothの搭載が必須条件です。スマホ/タブレットのOSはAndroid 4.4以降、画面サイズは5インチ以上、パソコン側のOSはWindows7/8/8.1/10が動作対象で、専用通信ソフト「RickeyTray」をインストールして利用します。


同社によると、無料お試し版の公開に合わせ、利用者からの意見をもとに一部キーレイアウトを見直したほか、マウスパッドに左右スクロール機能を追加するなどのバージョンアップも実施しており、今後も継続的にアップデートしていくとしています。

広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: idea front
関連キーワード: app, bluetooth, keyboard, mobile, pc, pointer, rickey, software, tablet
130シェア
13
117,"likes":96
0

Sponsored Contents