Sponsored Contents

cryptocurrencyの最新記事

Image credit:
Save

Ginco、指紋認証・非接触型のハードウェアウォレット「Kinco」発表

セルフゴックス防止へ

128シェア
14
52
0
62

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

仮想通貨ウォレットアプリを手がけるGincoは、同社初のハードウェアウォレット「Kinco」を発表しました。

ブロックチェーン関連のインキュベーターを手がけるLongHashと提携し、同社が支援するWOOKONGと共同開発したもの。発売は2019年上半期を予定します。

"セルフゴックス"防ぐ高い堅牢性

Kincoは、仮想通貨ウォレットアプリのGincoと連携するハードウェアウォレットです。

従来のハードウェアウォレットの多くは「秘密鍵の保管」のみを目的としたデバイスであり、利用時にはオンライン端末との接続が必須。このため、トランザクションの書き換えなどが問題視されていました。

一方のKincoでは、内蔵するICチップ内で、「乱数に基づく鍵生成」「仮想通貨用ウォレットアドレス生成」「トランザクションの署名」(暗号化)までを行うことが可能。資金の移動に関する重要な処理を完全にオフラインで完結させることができます。

また、オンライン端末(スマホにインストールしたGincoアプリ)との接続時には、指紋による生体認証を採用。その際、Bluetoothによる非接触通信でトランザクションデータを共有することで、ウォレット内部への干渉を防ぐことが可能です。

engadget

担当者は『秘密鍵の生成と保管はKincoで行い、スマホにはBluetooth接続で秘密鍵の情報をワンタイムで共有して、トランザクションを発行する仕組み』と語り、USBの抜き差しやソフトウェアアップデートなどで"セルフゴックス"の恐れもある従来型ハードウェアウォレットに比べて信頼性が高いとアピールします。

engadget
また、Kinco内の資産は、Gincoアプリ内の資産ポートフォリオに自動で反映されるため、アプリ内から常にチェックする事が可能。Kinco内の資産を移動する際には、GincoアプリのUI/UXを使えるので、従来のハードウェアウォレットにはない使いやすさも売りにします。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cryptocurrency, ginco
128シェア
14
52
0
62

Sponsored Contents