Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

iPhone SE難民に捧ぐスマホ「Unihertz ATOM」

小さければいいのなら

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年11月14日, 午前07:30
370シェア
51
189
0
130

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View
「最近のスマホはどれもデカイ!」そんな悩みをお持ちのiPhone SE難民に捧げたいスマホが「Unihertz Atom」です。

手に収まるどころか、手のひらにすっぽり収まってしまう同端末は、世界最小をうたう4Gスマホです。画面サイズは2.45インチ、解像度は432 x 240。1600万画素カメラや指紋認証を備えるほか、防水・防塵・耐衝撃に対応したタフネス機でもあります。

また、オクタコアCPUを搭載し、NFCや指紋認証にも対応。バッテリー容量は2000mAhと現実的で、OSにはAndroid 8.1 Oreoを採用します。ドコモのカードケータイしかり、コンパクト端末では機能に妥協のある端末も多い中で、小さいけどスマートフォンとしての機能をフルに使えるのが本端末の特徴です。

engadget
​いざ使ってみると、小さいですがタッチパネルの反応はスムーズ。アプリ起動のレスポンスも良く、体感的な使用感は一般的なスマホと変わりません。一方で携帯性へのトレードオフにはなりますが、WebやSNSの文字は小さく、多少目を凝らす必要があります。

また、文字入力も慣れるまでには時間がかかりそうです。タッチパネルの精度自体は高く、フリック入力も行えるのですが、案の定インプットエリアが狭いために、誤入力が多くなります。ここは、長期間使えば慣れるのかもしれませんが、文字入力がメインの用途は厳しそうです。

engadget
とはいえこの小ささ、分厚さはあるものの、​​​​ポケットの中にすっと収まりますし、モバイル性は抜群です。仕事でメッセンジャーをバリバリ使うという用途には向きませんが、メールやメッセージを読んだり、たまに返信できればいい......といった用途に、あるいは電話をメインで使うには最適ではないでしょうか。

また、トランシーバーのように1対多の通話が行えるPTT(Push To Talk)サービス「Zello」に対応。本体側面のボタンを押すことで「Zello」が起動する機能も備え、本物のトランシーバーのようにも使えます。前述のタフネス性能と合わせ、アウトドアに最適な機能のようにも思えますが、Zelloを使うにはモバイルデータ通信が必要。圏外では利用できません。

engadget

engadget

この「Unihertz Atom」は今春よりクラウドファンディングで出資を募っていたもので、9月よりようやく発送が開始されています。もう少し待てば、先代のJelly Proのように一般販売も開始されるかもしれません。

さすがにここまで小さくなくても......という声も聞こえてきそうですが、大画面化が一気に進んだ最新iPhoneから一旦離れて、Androidに眼を向けると、Xperia XZ2 CompactやAQUOS R Compactなど、​​​小型端末はまだまだ盛ん。ぜひ、手にしっくりくる1台を見つけてみてください。



370シェア
51
189
0
130

Sponsored Contents