Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

有名アナリスト、iPhone XRの出荷予測を下方修正。「より安い価格とデュアルレンズが求められている」

アップルが販売台数の発表を辞めたので検証は難しそう

Kiyoshi Tane
2018年11月13日, 午後03:00 in apple
126シェア
11
53
0
62

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

アップル関連の予測で知られる著名アナリストが、iPhone XRの出荷予測台数を引き下げたレポートを発表したと報じられています。

TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、2018年第4四半期から2019年第3四半期を通じたiPhone XRの出荷予測を、以前の1億台から7000万台へと下方修正するとのこと。

この減少分はiPhone XSやiPhone 8など旧モデルの需要増により相殺されるとしつつも、2019年第1四半期の全iPhone出荷予測を15〜20%引き下げています。

今月初めにも「iPhone XRが増産中止、代わりにiPhone 8/8Plusといった旧モデルが増産」との噂が報じられていました。今回のレポートは、この説の信憑性を高めている格好です。

Kuo氏によれば、iPhone XRの出荷予想が下方修正される理由は、

  • 米中貿易戦争による消費者心理への影響(特に中国市場)
  • 現在の水準よりも安い価格(つまりXRは高すぎると思われている)やデュアルカメラ、狭いベゼルが多くのユーザーから望まれていること
  • ファーウェイのMate 20シリーズとの競争
といった3つの要因とのこと。

そんなiPhone XRの不調をiPhone 8など旧機種の好調が埋め合わせするとしながら、Kuo氏は2019年第1四半期の全iPhone出荷予測は5500〜6000万台から4700〜5200万台へと下方修正しています。

iPhone XRに対するKuo氏の期待は並々ならぬものがあり、予約開始直後の出足の弱さが市場の懸念を呼んでいたなかで「iPhone XRは最終的にiPhone 8/8 Plusの合計より売れる」と強気の予測をしていました。

上位機種のiPhone XS/XS Maxと同じA12 Bionicプロセッサを搭載し、機能的にほぼ遜色のないiPhone XRですが、日本のキャリア販売で10万円近い価格設定は「普及モデル」としては厳しかったのかもしれません。

アップルは先日、「今後はiPhoneやiPad、Macの販売台数は公表しない」と発表していましたが、こうした事態も織り込み済みだった可能性がありそうです。


126シェア
11
53
0
62

Sponsored Contents