Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

新iPad Proが新Mac miniのディスプレイに変身。Luna Displayが魅惑の使い方を紹介

新Mac miniでApple Pencilが使えます

Kiyoshi Tane
2018年11月15日, 午後10:00 in Apple
2651シェア
1354
660
0
637

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

iPadをMacのサブディスプレイ化できる変換アダプタ+アプリの「Luna Display」。iPadとMacを併用するユーザーの間では定番とも呼べる製品ですが、公式サイトが新iPad Proと新Mac miniの動作を確認。iPad ProをMac miniのメインディスプレイとして運用する方法を紹介しています。

Luna Displayは、Macの映像出力に専用アダプタ(USB-CとMini Displayポート用の2種類あり)を装着し、Wi-Fiを介してiPadをワイヤレスディスプレイに変える製品です。最新のMacと最新のiPad Proとの組み合わせにより、あたかもアップル公式セットであるかのような外観と使用感がレポートされています。

luna

Luna Displayは主にMacBook ProやiMacといったディスプレイ一体型Macで使われているため、サブディスプレイ用と思われがちですが、実は「旧iPad(iPad Proに限らない)を旧Mac miniのメインディスプレイとする」使い方も可能でした。

Luna Display公式ブログでは、Mac miniとiPad Proの両方ともに新製品が登場したこのタイミングで、「Luna with Mac Mini」という記事を公開しています。ここで改めてiPadとMac miniを接続する方法や、組み合わせの素晴らしさを説明しています。

luna

具体的な接続手順としては、まずMac miniを通常のディスプレイに接続し(Lunaの設定時にはディスプレイが必要になります)Luna Displayアプリをセットアップ。その後、システム環境設定の[ユーザーとグループ]から[ログイン項目]でLuna Displayアプリが自動起動するよう設定します。

その次はiPad ProにLuna Displayアプリをインストールし、iPad ProとMac miniを同じWi-Fiネットワークに接続するかUSBケーブルで物理的に接続してから、iPad Pro側のLuna Displayアプリを起動して指示通りに設定します。

あとはMac miniを外付けディスプレイから外して再起動すれば、iPad Proのメインディスプレイ化が完了します。

luna

同記事によれば、新iPad Proと新Mac miniとの組み合わせは「全く新しいアップル製品のようだ」と感じたとのこと。アプリを起動すれば新iPad Pro上でMacOSが動き、アプリを終了すれば普通のiPad Proに戻る――そんな奇妙でエキサイティングな体験に慣れると「この組み合わせをなぜ、アップルが公式セットにしないのか不思議に思う」との感動が述べられています。

Luna DisplayはiPadのタッチ操作やApple Pencilにも対応しているため、新Mac miniと新iPad Proのタッグは「画面にタッチしたり、Apple Pencilで書き込みできるMacOS」という、多くのユーザーが待ち望んでいる理想の姿にも匹敵するもの。

新iPad Proの美しく広いLiquid Retina画面と、新Mac miniのパワフルな処理能力が最大限に活かせそうです。

luna

そして使用時の外観もどちらも純正アップル製品らしく、新Mac miniの上に新iPad Proを載せた姿はまさに違和感をどこかに置き忘れたような一体感あるデザインです。

人によっては、どちらか1つだけを買うつもりが、気絶して目が覚めたら2つとも発注していた......という事態を招きかねない、魔性の情報かもしれません。


2651シェア
1354
660
0
637

Sponsored Contents