Sponsored Contents

toyの最新記事

Image credit:
Save

2019年は電子玩具が来る!? 親子をつなぐベストおもちゃを選ぶ「楽天おもちゃ大賞2018」が決定

2020年からの「新学習指導要領」に対応したおもちゃに注目

相川いずみ
2018年11月17日, 午前09:00 in toy
25シェア
5
20,"likes":21
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


11月15日、「楽天市場」で販売されている数十万点のおもちゃの中から、子どもと家族が楽しめるおもちゃを選出する「楽天おもちゃ大賞 2018 supported by 楽天ママ割」が発表されました。

rakuten omocha taisho

この賞は、「子育てに携わる楽天市場ユーザーに向けて、子どもが夢中になれるようなおもちゃを選びやすくする」という主旨のもと、2017年から始まったもので、今年が2回目。今回は「楽天おもちゃ大賞」のほか、子どもが夢中になる「ぞっこんおもちゃ賞」、親子で遊べる「仲良しおもちゃ賞」、1年のトレンドを象徴する「トレンドおもちゃ賞」など、部門別の入賞商品が発表されました。

rakuten omocha taisho
▲「楽天市場」によせられた商品レビューやユーザーからの投票をもとに、特別選考委員と「楽天おもちゃ大賞」実行委員会が最終審査を行った

今年の「楽天おもちゃ大賞 2018 supported by 楽天ママ割」で選ばれた受賞商品は、以下のとおりです。

大賞は巨大ブロックの「おもちゃブロック」が受賞

●楽天おもちゃ大賞
rakuten omocha taisho
「おもちゃブロック」
子どもが両手でもつほどの大きなブロックで、自由に組み立てて遊ぶことができます。大きさに反してとても軽く、小さな子供でも遊びやすく工夫されています。自分の背より高く積み上げてみたり、自分の基地を作ってみたりと、子どもたちの創造力を養ってくれそうです。

●我が子が夢中「ぞっこんおもちゃ賞」
rakuten omocha taisho
「あんよでキック! 4WAYピアノジム 」
赤ちゃんが喜ぶベビージム。仰向け、うつぶせ、お座りなど、どんな体勢でも楽しめる工夫が凝らされています。端に取り付けられたピアノは取り外しができ、ピアノ単独でも遊ぶことができます。

●パパママめろめろ「キュンとするおもちゃ賞」
rakuten omocha taisho
「アニマルロッキング」
ふわふわのクマがかわいらしい、ロッキングチェア。肌触りがよく、安全ベルトもついているのでと、安心して使うことができます。さらに耳をにぎると、やさしい音楽が流れる仕様も! インスタ映えしそうなデザインも人気を呼びそうです。

●大人も一緒に遊べる「仲良しおもちゃ賞」

「おもちゃブロック」
大賞となった「おもちゃブロック」が、こちらでも入賞。「子どもとどうやって遊んでいいのかわからない......」と困っているお父さんにもピッタリのブロック。親子で、巨大な作品づくりを楽しめます。

●子ども&孫にも、「プレゼントにあげたいおもちゃ賞」 ※2商品を選出
rakuten omocha taisho
「トランポリン」
小型の1人用トランポリン。室内で使えるよう、脚の部分には振動や騒音を吸収するゴムが取り付けられています。なんと110kgまで対応しているので、お父さん・お母さんも楽しむことが可能です。

rakuten omocha taisho
「プラステン ニック」
カラフルな50個の木製リングとサイコロ、紐、棒つき台のセット。
リングを棒に通して遊んだり、リングを並べて形を作ったりと、年齢によって様々な遊び方ができます。

トレンド賞には話題になった、あのゲームが!?

●今年のトレンドおもちゃ賞
rakuten omocha taisho
「ベストオセロ」
今年、ニュースやSNSなどでも取り上げられ、話題を集めた「トレンドおもちゃ」として選ばれたのはオセロでした。
10月に開催された「第42回世界オセロ選手権」で、11歳の福地啓介君が史上最年少で優勝したというニュース以降、オセロの売り上げが格段に伸びてているとのこと。楽天市場でも、昨年の10月と比較して140%の売り上げとなり、選手権の報道があった土曜日の10月20日は「2018年でもっとオセロが売れた1日」となったそうです。

●来年のトレンド予測おもちゃ賞
rakuten omocha taisho
「新学習指導要領先取りおもちゃ」
来年のトレンドとしては、2020年から小学校で導入される「新学習指導要領」に対応したおもちゃが選ばれました。
ちなみに、子どもをもつ親や、孫のいる祖父母世代に行った楽天のアンケート調査によると、新学習指導要領導入にともなう教育改革については、6割ほどの保護者が認知しているという結果が出ました。
教育改革の中でも、特に注目されているのが「英語学習の早期導入」と「プログラミング学習」です。「来年のトレンド予測おもちゃ賞」では、プログミング的思考を学べるいもむし型ロボットの「コード・A・ピラー」をはじめとした、幼児から楽しんで学べるプログラミングや英語などの知育玩具がピックアップされました。

rakuten omocha taisho
▲幼児から学べる「プログラミングロボ コード・A・ピラー」

rakuten omocha taisho
▲算数や国語のお勉強だけでなく、プログラミングも学べる「ドラえもん ステップアップパソコン」

ここ3年ほどで、こうした知育玩具の人気が高まっており、楽天市場でのプログラミング教材をふくむ電子玩具・キッズ家電ジャンルは2016年からの3年で1.5倍増、また英語おもちゃジャンルは2.7倍の売り上げになっているそうです。

年齢別のおすすめクリスマスプレゼント


11月15日に行われた「楽天おもちゃ大賞2018」の表彰式では、受賞作品の発表と表彰が行われた後、特別選考委員の東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系教授である開一夫氏 と、玩具研究家であり、キッズいわき・ぱふ代表取締役の岩城敏之氏によるトークショーも開催されました。

トークショーでは、「親・祖父母からのクリスマスプレゼント選び」というテーマで、子どもや孫に贈るプレゼントの選び方のコツなどが紹介されました。

岩城氏は、「今の子ども達には、もっと危ない遊びをさせたい。今の親は『危ないこと』を避けてしまうため、子どもの経験値が減ってしまい、何が危険なのかわからないまま育ってしまうため、大きな怪我をする可能性がある。また、失敗を怖がる子に育ってしまいかねない。からだを使ったチャレンジ、手先を使ったチャレンジをしてほしい」と話しました。

rakuten omocha taisho

トークショーでは、アンケート調査による、子どもの年齢別に夢中になったおもちゃのジャンルも紹介されました。クリスマスプレゼントに迷ったら、この結果を参考におもちゃを選んでみるのもよいでしょう。

rakuten omocha taisho
▲「楽天おもちゃ大賞2018」運営チームが、昨年の「楽天おもちゃ大賞」受賞店舗や専門家とともに共同開発したおもちゃ「初めての仲良しデビュー 木製パズルゲーム」も、会場で紹介された

子育て世代にうれしい「楽天ママ割」

なお、賞の名称になっている「楽天ママ割」とは、2016年から始まった、子育て世代に向けた無料の会員サービス。会員になると、会員限定のクーポンやセールなどのお得な特典を受けることができます。楽天で働くママ達が中心となって企画運営しているだけあり、ママ目線のサービスが用意されています。

今回の「楽天おもちゃ大賞2018」を記念して、ママ割メンバー限定で、対象ショップのお買い物がポイント5倍になるキャンペーンが11月16日より12月26日9:59まで開催中です。子どもが小さい間は、買い物にもなかなか出かけにくいもの。ぜひ、オンラインショッピングをお得に賢く使ってみましょう。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

25シェア
5
20,"likes":21
0

Sponsored Contents