Sponsored Contents

ROG Phoneの最新記事

Image credit:
Save

ゲーム特化スマホ「ROG Phone」が日本上陸――スナドラ845をオーバークロック、2画面スマホ化も

「スマホゲームに革命を起こす」

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2018年11月16日, 午後03:30 in ROG Phone
844シェア
82
689
0
73

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

ASUS Japanは、ゲーミングブランド「ROG(Republic of Gamers)」を冠するAndroidスマートフォン「ROG Phone(ZS600KL)」を11月23日に発売します。価格は11万9500円(税抜、以下同)。コントローラーやドッグなど、ROG Phone専用の拡張機器5種類も同日発売となります。

本体と拡張機器5種類をスーツケースに収めた「ROG Phone コンプリートセット」もASUSの直販ストアで30セット限定で用意。価格は19万9500円となっています。
急速に進化するスマートフォン向けゲーム。特に"AAAタイトル"と呼ばれる大作ゲームでは、もはやゲーム専用機にも引けをとらない3Dグラフィック表現を持つものもあります。こうしたタイトルを快適にプレイするためには、当然、スマートフォン側も高性能でなくてはなりません。

ROG Phone
ROG Phone

ROG Phoneは、基本性能の高さはもとより、ゲームを快適にプレイするためのギミックがいくつも盛り込まれた"ゲーミング特化"のスマートフォンになっています。

"ゲーミング"を冠するROG Phoneならではと言えるのが、本体下部のUSB Type-C端子とは別に、本体左側面に「拡張用」のUSB Type-C端子を装備すること。こちらの端子はUSB 3.1準拠の端子と、専用アクセサリーの接続接点が並んでおり、スマートフォンだけでは実現できない操作性を拡張できるようになっています。

まさに王者級のスペック

チップセットはクアルコムの最新ハイエンド「Snapdragon 845」を搭載。しかも、このチップセットはクロックアップで、動作クロック数が通常版の2.8GHzから最大2.96GHzまで高められています。メモリは8GB、ストレージは512GBとかなり余裕がある仕様です。

ディスプレイは有機EL(AMOLED)を採用し、解像度はフルHD+(2160×1080ドット)90Hzの高リフレッシュレートで駆動します。応答速度はゲーミングモニター並みの1msを実現。プロゲーマーでも違和感なくプレイできるとしています。

ROG Phone

また、Wi-Fiでは次世代規格のIEEE802.11adドラフトをサポート。最大4.6GHzという高速通信が可能です。

ただし、IEEE802.11ad自体が現世代のスマートフォンでは対応機種がほとんど存在しない新規格となっていて、Wi-Fiルーターで対応する機種も限られています。ROG PhoneではオプションとしてIEEE802.11ad対応のワイヤレスディスプレイアダプターを用意しており、これを装着することで、低遅延のワイヤレス出力が可能です(詳細は後述)。

オーディオではデュアルスピーカーを搭載し、本体だけでステレオ再生が可能。サラウンド再生機能「DTS:X Ultra」も搭載します。

ROG Phone

もはやゲーム専用機と言って差し支えないほどの尖った仕様ですが、ROG PhoneはSIMフリースマートフォンでもあります。NTTドコモ、au、Y!mobileというマルチキャリアをサポートし、デュアルSIMデュアルVoLTE(VoLTEでの2回線同時待受)にも対応します。

そのほかのスペックとして、背面カメラは1200万画素、インカメラは800万画素。バッテリー容量は4000mAhで、Quick Charge 4.0による急速充電をサポート。大きさは約158.8×76.1×8.3mm、重さは約200gとなっています。

仮想LRボタンを追加、録画やマクロ操作も

「ROG Phone」のゲーミングらしい機能が、「AirTrigger(エアトリガー)」。本体に備えた超音波タッチセンサーにより、モバイルゲーム機の「L」「R」ようなボタンを追加できるというものです。

横持ちでゲームをプレイしているとき、本体の右上、左上を押すと、画面内の特定の箇所をタップします。タップ位置は左右それぞれを任意の位置に指定可能。FPSのショットボタンやカーレースのアクセルなど、ゲームに応じて割り当てれば、快適にプレイできるとしています。

ROG Phone

本体を縦持ちしているときには、AirTriggerによってギュッと握る動作を検出可能。この動作にアプリなどの起動を割り当てられます。

また、ゲーム中に使えるユーティリティーでは、プレイ中の録画機能や、操作のマクロ機能などを用意。さらに、ゲーム起動時の通知オフから、ゲーム中の着信拒否まで設定可能。もはやROG Phoneが電話であることを忘れて、ゲームに没頭できるようになっています。

もちろん、光ります

そして、"ゲーミング"といえばかならず登場する「光るモジュール」ですが、ROG Phoneにも、もちろん搭載されています。ROG Phoneでは、本体背面のROGロゴがカラフルに光ります。この光るロゴは「Aura ライト」と名付けられており、その光り方やカラーをアプリから設定できます。また、eスポーツにおいて、チームで色をそろえるといった使い方を想定して、Auraライト設定を、別のROG Phoneユーザーに共有する機能も備えています。

ROG Phone

尋常ではない冷却へのこだわり

ゲームプレイ時の廃熱を考慮し、本体にはヒートシンクによる冷却機構を搭載。廃熱する範囲を従来機種の16倍に広げるなど、冷却効率を高める設計上の工夫を施しています。

また、外付けアクセサリーとして、冷却ファン「Aero Active Cooler」を同梱。ユーザーがゲームに熱中していても、ファンをぶん回して冷却することで、スマホ本体はクールに保ちます。

ROG PhoneROG Phone

さらに、充電時の発熱も対処。スマートフォンを充電しているときの発熱は、「充電IC」という内蔵チップが発生源となっています。そこでROG Phoneは、「発熱源を外部に出してしまえばよいのでは」という発想で挑みました。

すなわち、スマートフォン本体だけでなく、付属の充電器にも充電ICを搭載。この充電器を使用して充電する場合は、充電器側へ熱を逃がすことで、本体から発生する熱が低減されるようになっています。

こうした冷却に関する工夫の幾重もの積み重ねによって、本体を熱くなりすぎないような制御を実現。結果として、チップセットが熱による動作制限を受けず、最大限のパフォーマンスで動作できるようになっているというわけです。

2画面化するアダプター、"拡張性高すぎ"なドック

拡張アクセサリーとして用意されているのは、外付けの冷却ファン、ドッグ、ワイヤレスディスプレイアダプターなど。本体側面の端子にはめ込むだけて利用できます。

特に目を引くのが"2画面化"するアダプター「TwinView Dock」。ROG Phoneを上部にはめ込むと、下部のタッチパネルディスプレイが駆動し、まるでニンテンドーDSのように2画面を使えます。マルチタスク機能によって、上下に別々のアプリを起動可能。上で音楽ゲームのデモを流しながら下でFPSゲームをするといった使い方までできます。

ROG Phone

「TwinView Dock」の追加ディスプレイは、ROG Phone本体と同じ仕様。応答速度1msでフルHD+解像度の有機ELディスプレイとなっています。下画面用に物理LRボタンも備えています。また、TwinView Dock自体に6000mAhの追加バッテリーを搭載。本体側の4000mAhと合わせて、1万mAhという大容量を確保できます。重さは約418gで、ROG Phoneを装着した状態だと約618gとなります。「NEW ニンテンドー3DS LL」(329g)の2倍弱と、それなりに重みがあります。

ROG Phone
ROG Phone

ゲームデバイスらしく、物理的なコントローラーを接続するキット「Gamevice for ROG Phone」(8980円)を用意。横持ちしたROG Phoneの左右に装着し、ABXYボタンや十字キー、アナログスティックなどを追加できます。拡張端子からの有線接続で、ラグがほとんどないのもポイントです。

ROG Phone
▲Gamevice for ROG Phone

次世代Wi-Fi「IEEE802.11ad」の活用法として、高速通信を活かしたワイヤレスディスプレイアダプター「ASUS WiGig Display Dock」(3万4800円)もラインナップ。ROG Phone本体と無線で接続し、HDMI出力でテレビやモニターにつなげます。その通信性能を生かして、有線並みに遅延が少ない出力が可能としています。

ドックは拡張性の違いで2種類を用意。そのうち「Mobile Desktop Dock」は有線LANポートにUSB 3.1 Aポートを4基備えるほか、SDカードリーダー、HDMI、Display Port、S/PDIF(デジタルオーディオ出力)といった、ノートパソコン顔負けの拡張ポート群を追加できます。

ROG Phone
ROG Phone
▲Mobile Desktop Dock

もう1つのドック「ASUS Professional Dock」(11980円)は、持ち運びを意識した小型のドック。といっても、HDMI出力や充電兼用のUSB Type-Cはもちろんのこと、USB Aポート2基も備え、マウスやキーボードもつなげます。

ROG Phone
また、この2つの純正ドックは、キーマッピング機能を搭載しています。この設定により、キーボードを接続すると、キーの打鍵を「画面内の特定位置のタップ」として扱い、スマートフォンゲームをPCゲームのような感覚でプレイできるとしています。なお、キーマッピング機能はゲームタイトルによっては規約で利用が禁じられている場合もあるので、確認した上での利用をおすすめします。

ROG Phone
ROG Phone▲直販のみのオプション全部入り「ROG Phone コンプリートセット」はASUS Storeの「LINE@」クーポンを適用して19万9500円で販売。30セット限定なので予約はお早めに。

もはや通話機能やカメラは「おまけ」のように思えてしまう「ROG Phone」ですが、化け物級に高性能なスマートフォンであることは間違いありません。特にパソコンのように使える「Mobile Desktop Dock」などを併用するとは、書類作成もはかどりそうです。もちろん、ゲーミングスマホではありますが、「とにかく高性能なスマホが欲しい!」という向きにも有力な購入候補になりうるかもしれません。

Source: ROG Phone
関連キーワード: Android, ASUS, Game, Gaming, Gaming Smartphone, ROG, ROG Phone
844シェア
82
689
0
73

Sponsored Contents