Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

パンチホール付きのGalaxy S10はこうなる? カメラ内蔵ディスプレイの特許判明

思っていたよりも、小さな穴。

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年11月18日, 午後05:15 in Android
48シェア
0
48
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


韓国サムスンが、ディスプレイに「パンチホール」を設けたスマートフォンの特許を出願していることが、海外報道により判明しました。特許文書のイラストは、今後の投入が期待される「Galaxy S10」のデザインを示唆している可能性があります。

オランダ語テックサイトのLetsGoDigitalが発見した今回の特許文書には、ディスプレイ左上に小さなホールの存在するスマートフォンデザインが複数紹介されています。スマートフォンの形状としてはディスプレイコーナーのエッジ形状の違いや、カーブディスプレイなど複数のタイプが想定されているようです。

サムスンがこのような「パンチホール」の存在するディスプレイデザインを検討しているのは、先日開催された開発者会議「SDC 2018」でも明かされています。同社がSDC 2018で披露した「次世代のスマートフォンデザイン」の1つ「Infinity-O」では、ノッチ付きデザインのほか、パンチホール付きデザインも存在します。こちらもディスプレイ左上にホールが設けられており、フロントカメラを搭載するものと予測されています。

さらに、サムスンの次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S10」ではカメラ内蔵ディスプレイの搭載が、各種報道や噂により予測されています。ディスプレ上のホールにフロントカメラを設置すれば、画面上部に邪魔な「ノッチ」を搭載する必要がなく、またポップアップ式やスライド式といった複雑な本体構造も不要となります。

Galaxy S10ではその他にも「超音波式のディスプレイ指紋認証機能」の搭載が予測されており、従来の光学式に比べて認証速度や精度の向上が期待されています。サムスンは恒例フラッグシップスマートフォンを年始に発表してきましたが、このような革新的なデザインと機能を搭載したGalaxy S10のお披露目も、そう遠くなさそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: LetsGoDigital
関連キーワード: android, galaxy, patent, Samsung, smartphone
48シェア
0
48
0
0

Sponsored Contents