Sponsored Contents

softbankの最新記事

Image credit:
Save

ソフトバンク、オフィス清掃ロボット「Whiz」を月額2万5000円で3月以降提供開始

Pepperに続くソフトバンクロボティクスの第2弾

田沢梓門, @samebbq
2018年11月19日, 午後12:30 in softbank
53シェア
0
53
0
0

連載

注目記事


ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは11月19日、オフィスや業務フロア向けのバキューム清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」の申し込み受け付けを、2019年2月に開始します。月額2万5000円のレンタルプランでの提供を3月以降に開始する予定です。

Whizは、主にカーペットなどの床を清掃する自律走行が可能な乾式バキュームクリーナーのロボット。今年の5月からアリオ亀有(東京都)、イズミテクノ ゆめタウン廿日市(広島県)、大阪駅(大阪市)、阪急西宮ガーデンズ(兵庫県)で導入されている「AI清掃PRO」の第2弾です。

最初に同機を手押しして清掃エリアの地図データを作成・記憶します。一度清掃ルートを作成すれば、後はスタートボタンを押すだけで記憶した地図データを基に清掃ルートを自律走行するため、清掃時の品質を一定に保つことができます。

運用方法としては、清掃ルート上に人や障害物が出現しても、Whizに搭載された複数のセンサーが検知することで回避しながら走行することが可能。衝突を避けながら隅まで清掃することができます。約全長455×全幅474×全高653mmとコンパクトなサイズのため小さい部屋などでも小回りよく清掃できます。


さらに、Whizは手押しで清掃ルートを記憶させるだけで自律清掃が可能なため、新たに操作方法を習得する必要がなく、導入してからスムーズに利用可能。細かいスペックとして、駆動時間はノーマルモード時で約3時間、パワーモード時で約2時間で、充電時間は約5時間です。最高走行速度は約2.5km/h、清掃能力は約500平方メートル/h、集じん容積は4.0Lです。

Engadget
▲左からPepperくん、河北麻友子さん、ソフトバンクロボティクスグループ代表取締役社長冨澤文秀氏、Brain CorporationCEO Eugen Izhikevich氏、チョコレートプラネットの長田庄平さんと松尾駿さん

ソフトバンクロボティクスグループの代表取締役社長兼CEOの冨澤文秀氏は「Pepper以来の新製品です。AI及びロボット関連で素晴らしい技術をもった企業に投資してソフトバンクグループとして事業を進めていきます」。

Brain CorporationのCEO、Eugen Izhikevich氏も登壇「Brain Corporationはロボットがどこにでもある生活を実現するために邁進しています。他のロボット掃除機と違い、マッピング性能にとても優れており、ぶつかるといったことはございません」と述べました。

ゲストとして女優の河北麻友子さんが登壇して実機デモを実施。途中で人気お笑いコンビ「チョコレートプラネット」の長田庄平さんと松尾駿さんがお馴染みのIKKOさんと、和泉元彌さんに扮装して登場して会場を盛り上げました。



ソフトバンクロボティクスは、2015年から法人向けにPepper for Bizの提供を開始し、接客ロボットとして人の業務をサポートしています。接客ロボット以外の領域として業務用清掃ロボット事業に参入し、清掃業界の人手不足の解決に取り組んでいくそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Softbank
関連キーワード: business, cleaner, pepper, robot, softbank, whiz
53シェア
0
53
0
0

Sponsored Contents