Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

NEC、10.1型Androidタブ TE410/JAW発売 力強いベゼルでゲームがやりやすい

そんな太いわけではないですが、持ちやすくていい感じです

田沢梓門, @@samebbq
2018年11月20日, 午前11:00 in Android
120シェア
21
43
0
56

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

NECパーソナルコンピュータは11月20日、10.1型のタブレット「TE410/JAW」を発売しました。 価格は税別で2万9800円です。少しの時間ですが、実機をに触れましたので感想を......。

早速、バトルロワイヤルゲーム「PUBG MOBILE」のトレーニングモードをやってみました。視認性がよく、太めのベゼルのおかげでしっかり端末をホールドでき、誤操作も少なく快適に楽しめました。

TE410/JAWは家族での利用を想定した入門機という位置づけのタブレット。ディスプレイは約10.1型ワイドLED IPS液晶(1920×1200ドット)で、ベゼルは最近の狭額縁をウリにしたタブレットと比べると少々太め。定規による実測ですが、上部が13.5ミリ、下部が12ミリ、左右が9ミリでした。

太めのベゼルはメリットもあります。横画面での両手持ちでゲームをプレーする場合などは、あったほうがいいと思います。「PUBG MOBILE」や「荒野行動」といったバトルロワイヤルゲーム、リズムゲームは、タブレットでのプレーのほうが操作性も視認性もスマホより高く、筆者はよくタブレットでプレーしています。狭額縁の端末では、縁ギリギリで端末をグリップしてなければならず、誤操作が増えます。TE410/JAWは両手でガッツリ端末をつかみ、見やすいまま操作も快適に行なえました。

Engadget
▲縦表示でのウェブ閲覧も、操作しないときには指をベゼルに載せれるので誤操作を防げます

Engadget
▲専用カバーは開いてから後ろに折り込むことでスタンドになります。カバーを閉じるとオートスリープになる機能は搭載していません

Dolby Atmosと前面ステレオスピーカーを採用しているのでゲームはもちろん動画視聴も楽しめます。スタンドとしても利用できる専用カバー(税別4980円)も発売予定です。

TE410/JAWはCPUがsnapdragon 450 1.8GHz(8コア)、メモリが2GBと高負荷なゲームをガンガンプレーするには厳しいですが、画質を落とすなどゲームの設定を調整すれば、なんとかなりそうです。新型iPad Proの半分以下の価格で買えるので、特徴は少ないですが、ビューアー、ゲーム機としてコスパ抜群の1台と思います。


関連キーワード: android, Gadgets, game, nec, Netflix, Tablet, YouTube
120シェア
21
43
0
56

Sponsored Contents