Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:
Save

HUAWEI Mate 20 lite日本版発表。3万9800円、ビックカメラ限定で11月30日発売

SoCには新型Kirin 710を採用します

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年11月22日, 午後03:00 in huawei
89シェア
20
46
0
23

連載

注目記事


ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリーのAndroidスマホとして「HUAWEI Mate 20 lite」を2018年11月30日に発売します。本機の販売予想価格は3万9800円(税抜)で、ビックカメラ専売モデルとして取り扱われます。本体カラーは、サファイアブルーとブラックの2色。

「HUAWEI Mate 20 lite」は、フルHD+(2340 × 1080ドット)の表示が可能な約6.3インチのフルビューディスプレイを搭載。CPUはオクタコアの「Kirin 710」、RAMは4GB、ストレージは64GBです。OSはAndroid 8.1ベース。ファーウェイ独自のUIである「EMUI 8.2」を搭載しています。


Mate 20 lite

昨今のファーウェイ製品で特徴となる本体背面(メイン)カメラは、約2000万画素と深度測定用の約200万画素センサーを合わせた「ダブルレンズAIカメラ」を採用。AIが22のシーンを自動で認識し、被写体に合わせて画質パラメータを調整することで、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れます。

インカメラは約2400万画素と高画素な仕様に、深度測定用の約200万画素センサーを合わせたダブルレンズカメラです。

8つのシーンを認識するAI機能に加え、逆光を補正してくれる「HDR Pro」、スタジオで撮影したかのような立体感のある演出が可能な「3Dポートレートライティング」、ユーザーの表情を細かく認識して、ユーザーの表情と声を持ち合わせる「3D Qmoji」など、セルフィーシーンを充実させる数々の機能を搭載しています。

また本機はDSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTE)に対応する点も特徴。2つのSIM(回線)の両方で、データと音声(VoLTE)経由の待ち受け両方に対応します。現状でVoLTEはNTTドコモとソフトバンクがサポートされており、au VoLTEには後日配信されるソフトウェア更新で対応します。

バッテリー容量は3750mAh。ファーウェイ独自の急速充電(9V 2A仕様)にも対応します。本体サイズは約75.3×158.3×7.6mm(幅×高さ×厚さ)、重さは約172gです。

Mate 20 lite

Mate 20 liteは、防水・防塵やおサイフケータイなどの日本機能には対応しないものの、前世代モデルMate 10 liteからは多数の改善がなされたモデルとなっています。
代表的なところでも、ディスプレイの大型化やCPUの高速化、カメラのAIシーン認識機能の追加、Wi-Fiの5GHz帯もサポートや拡張端子のUSB Type-Cに対応した点など、非常に多数。大きな進歩を遂げています。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

89シェア
20
46
0
23

Sponsored Contents