Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy S10に豪華仕様「Beyond X」の噂。6カメラ搭載し5G対応、6.7インチサイズに?

お値段もゴージャス仕様か……?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年11月26日, 午前11:40 in mobile
42シェア
5
37
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


サムスンが開発中とされる新型スマートフォン「Galaxy S10」について、5G通信への対応や6カメラの搭載、6.7インチディスプレイを採用する「豪華仕様モデル」のスペック情報が海外にて報じられています。

ウォール・ストリート・ジャーナルが「トップ・シークレット」だとして報じた情報によれば、サムスン社内にて「Beyond X」と呼ばれているこのモデルはフロントに2個、リアに4個の合計6カメラを搭載。これにより撮影画質の向上と空間認識能力の向上が実現するとしています。

ディスプレイサイズは6.7インチにまで拡大され、5G通信にも対応。また、中国ファーウェイの「Mate 20 Pro」のような「逆充電機能」も搭載します。そしてGalaxy S10シリーズは2019年2月に登場し、4カメラモデルも少なくとも同月中旬のイベントにて発表されるとしているのです。

これまで、Galaxy S10については3モデルの登場や、トリプルカメラ、ディスプレイ指紋認証やカメラ内蔵ディスプレイの搭載が報じられていました。ここに前後6カメラを搭載したBeyond Xが追加されれば、間違いなく最上位端末として投入されるはず。なお、サムスンはすでに2018年10月、背面に4カメラを搭載したスマートフォン「Galaxy A9」を発表していました。

一方、5Gサービスの世界的な運用開始は2019年以降となり、韓国でもKTによるサービス提供開始を2019年3月まで待つ必要があることから、Beyond Xが他のGalaxy S10シリーズと同時に発売されるかどうかは不明です。

今月開催された開発者向けイベント「SDC 2018」にて、サムスンはディスプレイにパンチホールが空いた「Infinity-O」を含む、「Infinity-U」「Infinity-V」「New Infinity」といった新スマートフォンデザインを披露しています。これらの新デザインが、カメラ内蔵ディスプレイ技術と組み合わされどのようにGalaxy S10シリーズに導入されるのかにも、注目が集まることでしょう。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: galaxy, mobile, Samsung, smartphone
42シェア
5
37
0

Sponsored Contents