Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:
Save

NASA、探査機インサイトの火星着陸ライブ中継。27日午前4時(日本時間)から

火星の中身を調べます

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年11月26日, 午後06:20 in Space
323シェア
150
134
0
39

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View
NASAが火星探査機"インサイト(InSight)"の着陸の模様を、日本時間11月27日午前4時よりライブ中継します。火星着陸の予定日時は日本時間11月27日午前4時54分ごろですが、電波が届くのに時間がかかるため成否の確認は午前5時すぎになる見込みです。

インサイト探査機は、キュリオシティなどのように火星表面を移動するローバーではなく、着陸地点にとどまって火星内部を詳しく調べるのがその任務です。

もともとインサイトはその初期段階においてGEMS(Geophysical Monitoring Station)と呼ばれていたもので、火星の地質学的探査を行います。火星の赤道近くにあるエリジウム平原にパラシュートで降下、着陸し、搭載する高感度な地震計と熱伝導プローブによって、地質学的に現在の火星がどのように形成されたかを調べます。赤道付近に下りるのは日照時間が長く、太陽電池によって電力を少しでも多く得られるから。

着陸の模様は、いつものようにNASA インサイトミッションのサイトNASA TVなどで視聴できるほか、YouTubeでは解説のないバージョンがNASA JPLによってストリーミングされます。さらに、TwitchFacebookでもライブ中継が予定されています。



ライブ中継と言っても、着陸機のオンボードカメラから映像がリアルタイムで届くわけではありません。もしかすると、なんらかの操作が短時間に行われるのを見ているだけという、ロケット打ち上げに比べれば少々つまらない映像になる可能性もありそうですが、火星の内部を調べる新たな探査機が大地に降り立つ瞬間を世界と共有したいならば、早朝から起き出して見てみる価値はあるかもしれません。

なお、着陸の成否は午前5時過ぎにわかるはずですが、その後インサイトは活動するための太陽電池パネルを展開します。これが成功したかどうかがわかるのは早くて日本時間27日午前10時半ごろ、そしてインサイトからの最初の画像データが見られるまでにはさらに1日ほどかかるかもしれないとのことです。




323シェア
150
134
0
39

Sponsored Contents