Sponsored Contents

mate20proの最新記事

Image credit:
Save

HUAWEI Mate 20 Proが30日発売。3眼カメラ+AIチップのハイエンドSIMフリー

iPhone「へ」ワイヤレス給電できる唯一のスマホでもあります

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2018年11月28日, 午後01:00 in mate20pro
319シェア
14
255
0
50

連載

注目記事



ファーウェイ・ジャパンは、「HUAWEI Mate 20 Pro」を11月30日に発売します。価格は11万1880円(税抜)です。

「HUAWEI Mate 20 Pro」は、10月16日にロンドンで発表されたファーウェイのフラッグシップモデル。Leicaブランドの3眼カメラを装備。超広角、広角、3倍望遠という3つ画角の切り替えや、高解像度ズームなどをそなえた"カメラフォン"です。

CPUに「Kirin 980」を搭載し、AI処理専用のチップセットも備えています。NTTドコモ網、ソフトバンク網で利用可能で、au VoLTE網も今後サポート予定としています。


Gallery: HUAWEI Mate 20 Pro | 24 Photos

24

iPhoneよりも大画面、より小さいノッチ

約6.39インチと大画面の有機ELディスプレイを搭載。画面解像度は2K+(3210×1440ドット)です。画面上部にノッチ(切り欠き)を備えた4辺狭額縁デザインですが、ベゼル幅は約2.1mmにまで切り詰め、ノッチの幅も約32.8mmにとどめています。発表会ではiPhone XS Maxと比較で、画面占有率の高さを強調しました。

Mate 20 Pro

両面にカーブガラスを採用し、持ちやすく、薄い流線型のデザインを実現したとしています。背面は3眼カメラとフラッシュといったパーツを線対称になるように配置した"シンメトリーデザイン"を採用したとアピールされました。

おサイフケータイこそ搭載しませんが、IPX8/IP6Xという防水・防塵性能を備えています。ボディカラーはSIMフリー版では「ミッドナイトブルー」と「トワイライト」の2色を用意。ソフトバンク版は「ブラック」と「ミッドナイトブルー」の2色展開となっています。

Mate 20 Pro
▲左が「ミッドナイトブルー」、右は「トワイライト」

また、受話スピーカーとUSB Type-C端子をスピーカー穴として使うことで、デュアルスピーカー搭載を実現しています。なお、3.5mmイヤホンジャックは非搭載となっており、パッケージにはUSB Type-C端子のイヤホンと3.5mm変換アダプターが同梱されます。

AIでブーストする3眼カメラ

Leicaと共同開発のメインカメラ「VARIO-SUMMILUX-H」は、4000万画素の広角、800万画素の3倍望遠、2000万画素の0.6倍超広角というトリプルレンズ構成。光学ズームでは0.6倍(超広角)~3倍(望遠)までの画角で撮影できます。また、超広角レンズはマクロ撮影も対応し、被写体に2.5cmまでよって撮ることもできます。広角レンズでは1.7分の1インチという、スマートフォンのカメラとしては大型のレンズを採用したことも紹介されました。

ハードウェアとして高機能なだけでなく、AI処理の活用によって、より高度な撮影ができるのも、ファーウェイの
カメラの特徴です。発表会では10フレームを合成して、明るい写真を作り出すHDR撮影機能などが紹介され、他社のカメラを上回るといった暗所性能を持つとアピールされました。そのほか、デジタルズームもなめらかに表示するためにも、AIによる処理が活用されています。

Mate20 Pro

また、ポートレートモードで新しく追加されたのが、「玉ボケ」の形を変えることができる機能。一眼レフカメラで専用のレンズやフィルターを使って撮影するような「ハート型」のボケや、うずまきのような「ぐるぐるボケ」の写真を手軽に撮影できます。

AIによる処理性能の高さは、動画撮影にも応用されています。新搭載された「AI シネマ撮影」では、HDR処理に加え、色残しやビンテージといった撮影フィルターを撮影時に適用できます。また、撮影した映像から人物を認識して、人物ごとのハイライト映像を作成するという機能も備えています。

Mate 20 Pro


被写体の情報を表示する「AIカメラ」も搭載。カメラでかざした商品や観光スポットの情報を表示したり、食べ物のカロリーを表示したり、テキストを翻訳したりできます。商品情報の表示では、ショッピングサイトと連携して、商品の詳細な情報ページにアクセスできます。日本では価格.comとYahoo!ショッピングが連携サイトになると発表されました。また、食べ物のカロリー表示では、大きさや形状も考慮されるとのこと。大きめのオレンジと小さいオレンジでは、表示されるカロリー情報が異なるなど、他社製品よりも同様より精度の高い表示ができるとアピールされました。

Mate 20 Pro

画面内指紋認証と3D顔認証を搭載

日本では2機種目となる、「ディスプレイ内指紋認証」を搭載。指紋押下10段階の圧力を検知する性能を改善した新方式を採用したことで、指紋認証の速度を改善し、従来方式よりも30%高速にロック解除できるようになったとしています。

また、インカメラと3Dセンサーを利用した顔認証機能も搭載。0.6秒の高速解除と、100万分の1という認証精度の両立を実現しています。

Mate 20 Pro

HUAWEI Mate 20 Pro

スマホをかざして3Dモデルが作れる

インカメラを使った興味深い機能が、「HUAWEI 3D ライブオブジェクト モデリング」です。これは、インカメラをかざすことで、ぬいぐるみやフィギュアの3Dモデルを作る機能です。



3Dモデル化できるものは大きさが15~35cm前後と限られていますが、スマホ以外に道具を用意する必要もなく、数分で3Dモデル化できます。人型のモデルであれば歩かせたり、あらかじめ用意されたアクションにあわせて動かしたりといったことも可能です。

AR機能も用意し、子どものぬいぐるみを3Dモデル化して、子どもと一緒に撮影して遊ぶといった使い方ができます。作成した3DモデルはFacebookなどでシェアすることもできます。3Dモデルでは標準的なOBJ形式の
ファイルとして共有されるので、パソコン向けの3Dソフトで扱うこともできます。


Mate 20 Pro
Mate 20 Pro

iPhoneも充電できる「リバースチャージ」

バッテリーは4200mAhという大容量を搭載。純正充電器では最大40Wで充電できる「HUAWEI Super Charge」をサポートし、放電状態から約30分で70%まで充電する高速充電が可能です。

ワイヤレス充電についても、別売の純正ワイヤレスチャージャーで15Wの急速充電が可能。Qi規格に互換性があり、Qi充電器も利用できます。

そして、Mate 20 Proならではと言えるのが「リバースチャージ」。Qi対応デバイスに対して、「Mate 20 Proから」給電できるという機能です。Qi互換の充電機能を備えたデバイスなら、iPhoneでも充電できます。Lightningケーブルを忘れたときなどには便利に使えそうですね。

Mate 20 Pro


なお、リバースチャージについては、発表会場の説明員によると「あくまで非常時用の機能」というのがメーカーとしての見解とのこと。Qi規格には準拠しており、安全性も確保しているが、常用には適さないという説明でした。

7nmのSoC「Kirin 980」搭載

チップセットには「Kirin 980」を搭載。7nmプロセスで設計されたのハイエンドSoCで、AI処理を専門に担う「NPU(ニューラルネットワーク・プロセッシング・ユニット)」を2基搭載し、AI処理性能を前世代より226%向上させたとしています。

CPUはオクタコアで、2.6GHz駆動×2基、1.92GHz駆動×2基、1.8GHz駆動×2基という構成。GPUは10コアの「Mali-G76」を装備します。メモリーは6GB、ストレージは128GBという構成。専用の外部ストレージ「NMカード」をサポートします(後述)。

外部端子はUSB Type-C端子(USB 3.1)を装備。nanoSIMカード2基で、両方のスロットでのVoLTE同時待受(DSDV)をサポートします。大きさは約72.3×157.8×8.6mm、重さは約183gとなっています。

HUAWEI Mate 20 Pro

nanoSIMサイズのメモリーカード「NMカード」

Mate 20 Proは、ファーウェイが新たに開発した「HUAWEI NMカード(nano memory card)」の装着に対応します。

NMカードは要は「nanoSIMサイズのメモリーカード」で、デュアルSIMスロットの片方のnanoSIMスロットだけにSIMを使っているとき、もう片方のスロットにストレージデバイスを追加できるという製品です。NMカードはファーウェイ直販のECサイト「Vmall」のほか、量販店での取り扱いも予定されています。

Mate 20 Pro

Gallery: HUAWEI Mate 20 Proプレゼンテーション | 80 Photos

80

319シェア
14
255
0
50

Sponsored Contents