Sponsored Contents

Servicesの最新記事

Image credit:
Save

アマゾン、患者の診療記録を分析するソフトウェア販売を開始。電子カルテに埋め込む買い物アプリも検討中?

アップルもヘルスケア市場の開拓には熱心です

Kiyoshi Tane
2018年11月28日, 午後03:50 in Services
196シェア
84
112
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

米アマゾンは、患者の診療記録を分析できるソフトウェアの販売を開始しました。医師や病院は本ソフトを活用し、治療の改善やコストを削減するために活用できると報じられています。

アマゾンの新たな医療ソフトウェアは、デジタル化された患者の記録やその他の臨床データを読み込んで分析し、重要な鍵となるデータを抽出するとのこと。

同社のクラウドコンピューティング部門であるAmazon Web Servicesは、旅行の予約やカスタマーサポート、サプライチェーン管理など医療以外の分野で、同様のテキスト分析ソフトウエアを企業向けに販売してきました。今回のソフトも、その延長上にあると思われます。

こうした医療分野への技術の応用は、アマゾンにとって収益性の高いヘルスケア市場における最新の取り組みと言えるもの。まず今年2月、同社はBerkshire Hathaway、JPMorgan Chasetoと提携し、3社の米国内従業員のための独自のヘルスケア制度を立ち上げると発表していました。

今年6月、アマゾンはPillPack Inc.というオンライン薬局を10億ドルで買収して、処方薬を宅配する能力も獲得。そして病院と協力して医療用品の販売拡大に努めているとも報じられています。

さらにアマゾンは、電子カルテにアプリを埋め込み、医者が患者に購入する製品のリンクを送れるようにすることで、医療品の販売を伸ばすことも検討している......といった噂が、アプリ開発者やアプリを実際に使った医者の話として伝えられています。

調査会社Grand View Researchによると、健康情報の保存および分析市場は年間で70億ドル以上もの価値があるとのこと。全体では3210億ドルもの規模とされる医療市場は、より多くの患者の診療記録がデジタル化され、より低コストで質の高い医療が求められている中では、新たな収益源を探すハイテク企業にとっては自然な目標というわけです。

アップルもiOS 11.3以降は医療機関から集めた情報を「ヘルスケアレコード」内で確認できるように変更され(米国のみ)、先日は退役軍人の健康記録をiPhoneに転送するソフトを米退役軍人省と協議しているとの噂も報じられていました。

今後はハイテク企業による医療市場シェアをめぐる競争も激しくなり、スマートフォンの買い物アプリに「この薬を買った人はこんな病院に通っています」といったレコメンドが表示されるようになるのかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: WSJ
関連キーワード: amazon, apple, healthcare, ios, iphone, medical, Services
196シェア
84
112
0

Sponsored Contents