Sponsored Contents

5gの最新記事

Image credit:
Save

5G通信で動きトレース型ロボを遠隔操作。ドコモがトヨタ製T-HR3の10km想定試験に成功

とてもSFっぽい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年11月29日, 午後09:00 in 5g
195シェア
44
111
0
40

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

NTTドコモとトヨタ自動車は11月29日、5G回線を用いたロボット制御の遠隔操作トライアルを開始し、約10kmの遠隔地を想定した実験環境において、トヨタが開発したヒューマノイドロボット「T-HR3」の制御に成功したと発表しました。

T-HR3は2017年11月にトヨタが発表したヒューマノイド型ロボット。マスター操縦システムにより、操縦者と同じ動きをさせることができ、さらにT-HR3にかかる外からの力を操縦者にフィードバックできるのが大きな特徴となっています。

これまではマスター操縦システムとT-HR3を有線接続して実験を進めていましたが、より実用性が高い環境での使用に向け、5Gを用いた遠隔操作の実証実験を実施。その制御に成功した......というのが、今回の発表となります。

ただし実際に遠隔地で操作を行ったわけではなく、実験自体は神奈川県のドコモR&Dセンター内で実施されたものです。

10kmの想定というのは、あらかじめお台場エリアと押上の東京スカイツリー間(直線で約10km)で発生する有線接続での遅延を計測。その遅延時間を実験システムに組み込み、その上で5G基地局と5G端末を介して、T-HR3の無線操作が行えると実証したとのことです。

docomo 5G T-HR3

具体的なテストに関しては、「ボールを両手で挟んで持つ」、「ブロックをつまむ、積み上げる」、「人と握手をする」など力の伝達が必要な動作を、有線接続時と遜色ないレベルで行えることを確認しています。



なお、今回の実験成功を受けて両者は、2018年12月6日(木)から2日間、東京ビックサイトで開催予定の「DOCOMO Open House 2018」において、実際に東京ビックサイトと東京スカイツリー間でのデモンストレーションを行うとのこと。

こうしたヒューマノイド型ロボットの遠隔操作が可能になれば、災害時をはじめ、人が入っては危険な空間などでも効率的な作業が実現できるかもしれません。大いに期待したいところです。


Source: NTTドコモ
Coverage: トヨタ
関連キーワード: 5g, docomo, humanoid, mobile, robot, t-hr3, toyota, transportation
195シェア
44
111
0
40

Sponsored Contents