Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

空飛ぶヨットの新しい世界大会「SailGP」に日本チームが参戦!:旅人目線のデジタルレポ 中山智

大迫力のフォイリング艇を使ったレースがスマホやタブレットでも観戦できそうです

中山智 (Satoru Nakayama), @yenma
2018年11月30日, 午前11:45 in Yacht
349シェア
270
38
0
41

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View
旅人ITライターの中山です。ヨットレースの新しい国際大会「SailGP」が2月にスタートします。このSailGPに日本チームの参加が決定しており、11月20日に日本で発表会も行われました。

SailGPは2019年2月15日〜16日のシドニー/オーストラリアを皮切りに、サンフランシスコ/アメリカ(5月)、ニューヨーク/アメリカ(6月)、カウズ/イギリス(8月)、マルセイユ/フランス(9月)とサーキット方式で世界を転戦。最終戦のマルセイユでは年間ポイント1位と2位のチームがマッチレースを行ない、勝者には100万ドルの賞金が授与されます。

SailGP
▲発表会に登壇したSailGPのCEO サー・ラッセル・クーツ

参加チームはオーストラリア、中国、フランス、イギリス、アメリカそして日本の全6チーム。レースで使われるヨットはカタマラン(双胴艇)で、前回のアメリカズカップで採用されたAC50を再設計したF50。水中翼を採用しており、帆走時の浮力で艇体が空中に浮いてフォイリングする「空飛ぶヨット」とも言えるハイスピード&ハイパフォーマンスの設計で迫力のあるレースが期待できます。

またレースは国別チームの対抗ですが、ワンデザインなので全チームが同じ艇体を使います。性能が同じ船なので、純粋にチームの操船技術を競うレースとなるわけです。

SailGP▲帆走するF50。海面から艇体が浮いているのがわかる


▲テスト帆走するF50の動画。迫力満点なので必見です

SailGP
▲艇体は同じですがペイントはチームによって異なり、日本チームは日の丸をイメージしたデザイン

ヨットはデジタルやITとあまり縁がなさそうですが、実はこの大会を企画しスポンサーとして資金提供しているのは、オラクルの共同創業者兼会長兼CTO ラリー・エリソン。世界規模のIT企業のトップで、世界でも指折りの大富豪です。

ラリー・エリソンはもともとヨットレースが好きで、アメリカズカップにもアメリカから参戦しており、前大会まではカップ保持チームでもありました。残念ながらアメリカズカップの前回大会でニュージーランドに敗北してしまいましたが、それに変わるセーリングレースを丸ごと立ち上げたわけです。

また、今回結成された日本チームには、前回のアメリカズカップに日本チームとして参戦していた、ソフトバンク・チーム・ジャパンのメンバーが多く参加。ソフトバンク・チーム・ジャパンではクルーとして参戦していた早福和彦氏が日本チームのCOOに就任し、同じくクルーとして参加していた吉田雄悟氏と笠谷勇希氏も選手として登録されています。

SailGP
▲日本チームのCOOには、過去何度もアメリカズカップに参戦している日本セーリング界のレジェンド早福和彦氏

SailGP
▲舵を握るヘルム担当は、ロンドン五輪で金メダル、リオ五輪では銀メダルを獲得しているトップセーラーのネイサン・アウタリッジ氏

SailGP
▲左から、高橋レオ氏(クルー)、吉田雄悟氏(クルー)、ネイサン・アウタリッジ氏、サー・ラッセル・クーツ、笠谷勇希氏(クルー)、早福和彦氏

レースの放送はハイテク技術を駆使して新しい形のスポーツ中継に定評があるWhisper Filmsが担当。様々なデバイスでの視聴も提供されるとのことで、テレビ中継だけでなくスマートフォンやタブレットでも楽しめることになりそうです。

ヨットレースはルールや戦術など知識がないとわかりにくい部分もありますが、発表会に登壇したSailGPのCEO サー・ラッセル・クーツによると「ライブ放送では日本語でのフルグラフィックと日本語解説も予定している」とのこと。

SailGP
▲レース中継はディレクターに元F1ドライバーのデビッド・クルサード氏が所属するWhisper Filmsが担当。

全長15メートルのヨットがフォイリングして滑空する姿は、一般の人がイメージするヨットとはまったく違った迫力があります。「海のF1」として、ヨットファン以外にもレーシングスポーツに興味のある人はぜひチェックしてみてください!


関連キーワード: boat, boats, Yacht
349シェア
270
38
0
41

Sponsored Contents