Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

選択したテキストをパッと翻訳するテクニック:iPhone Tips

「調べる」より便利なワザ

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)
2018年12月2日, 午前07:10 in iphone tips
311シェア
82
64
0
165

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

海外旅行中に現地サイトを読み解けないとき、皆さんはどうしますか?

テキスト選択後に「調べる」から「Webを検索」をタップすると、単語やフレーズならすぐに検索できるのですが、文章となると綺麗な和訳があまりヒットしません。また、選択したテキストをコピーして別のURLやアプリを開いてペーストしたりするのは、結構手間がかかりますよね。

そこで「ショートカット」アプリを使った方法をご紹介。選択したテキストを素早く翻訳できますよ。

Gallery: 選択テキストを翻訳するショートカット | 6 Photos

6

「ショートカット」アプリでライブラリを作成

まずは、App Storeから「ショートカット」アプリをインストールしておき、「選択部分を翻訳」というレシピをライブラリに追加しましょう。

iPhone Tips
▲ショートカットアプリを起動し、「ギャラリー」>「選択部分を翻訳」をタップ(左)。「ショートカットを取得」をタップ(右)

このレシピは、デフォルトだと翻訳後の言語が英語になっています。これを日本語に変更します。

iPhone Tips
▲「英語」をタップ(左)。選択肢から「日本語」を探してタップ(右)

iPhone Tips
▲「完了」をタップすると(左)、ライブラリに「選択部分を翻訳」が追加された(右)

これでショートカットアプリの設定は完了です。

海外向けサイトのテキストを日本語に翻訳してみよう

例えば、英文の一部を選択した状態で、共有メニューから先ほど追加したショートカットを使用すると、翻訳が実行され、日本語で表示されます。

なお、初期状態では、共有メニューに「ショートカット」が表示されていません。右端にある「その他」から「ショートカット」のスイッチを有効にして、使いやすい位置に配置しておきましょう。

iPhone Tips
▲「Safari」で記事を開き、翻訳したい文章を選択(左)。「共有」メニューを開き、下段を左にスワイプして、「ショートカット」をタップ(右)

ショートカットをタップすると、共有メニューに対応したショートカットが表示されます。先ほどライブラリに追加しておいた「選択部分を翻訳」をタップすると、選択した箇所が翻訳されるという流れ。

iPhone Tips
▲共有メニューから実行できるショートカットの一覧が表示されるので、「選択部分を翻訳」をタップ(左)。翻訳が実行された(右)

翻訳のクオリティについてはまずまず。専門用語や固有名詞が混ざってくると精度は下がってきますが、海外旅行先でウェブサイトを読み解くくらいなら問題なく使えるでしょう。

また、英語だけでなく、ハングルや漢字、アラビア語なども対応。特に設定は必要なく、選択したテキストを自動で日本語に翻訳してくれます。

iPhone Tips
▲読めない言語で大活躍な予感

ちなみにこのショートカットのレシピをみてみると、「Microsoftでテキストを翻訳」という過程が含まれています。詳細を確認したところ「Microsoft Cognitive Services」を利用しているようです。

レシピの手動でのカスタマイズによって、この部分を「iTranslate」での翻訳に切り替えることも可能(ただし、「iTranslate」が有料サービスになので、メリットがあるのは既に同サービスを利用中の人のみ)。気になる人は挑戦してみてください。


関連キーワード: ios, ios12, iphone, iphone tips, share, shortcut, siri, tips, translation
311シェア
82
64
0
165

Sponsored Contents