Sponsored Contents

avの最新記事

Image credit:
Save

グリーンハウスの4K/HDR対応49型液晶テレビ、ゲオ店頭やオンラインショップ限定で発売

価格は49,800円から

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年12月3日, 午前11:30 in av
66シェア
13
19
0
34

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View


グリーンハウスは、49型の4K液晶テレビ「GH-TV49E-BK」を、全国のゲオ331店舗と、ゲオの通販サイト「GEO-MART(ゲオマート)」で発売します。店舗では2018年12月1日(土)、通販サイトでは2018年12月3日(月)に発売します。価格はオープンプライスで、ゲオショップでの販売価格は4万9800円(税抜)、ゲオマートでは送料と税込みで5万5944円で販売します。販売数量は、ゲオショップとゲオマートあわせて4000台。

4K(3840×2160ドット)表示が可能な49型のIPS液晶パネルを搭載。バックライトには直下型LEDを採用しています。視野角は上下左右178°。

日本メーカー製のLSIチップを搭載し、「くっきりと見やすい映像で、映画やゲーム、さまざまなコンテンツが楽しめる」ことを売りにしています。Ultra HDブルーレイで採用されているHDR(ハイダイナミックレンジ)方式の「HDR10」をサポートし、4K 60p 4:2:0、4K 30p 4:4:4、4:2:2フォーマットの映像に対応。滑らかで立体感のある映像を表示することが可能としています。

コンテンツに合わせて画質を切り替えられる映像モードは「自動」、「鮮やか」、「標準」、「居間」、「映画」、「映画プロ」、「おこのみ」の7種類を用意。ゲームや映画などの各種映像に合わせて、バックライトの明るさやコントラスト、黒レベル、色の濃さ、シャープネスの調整が可能です。

チューナーは地上デジタル放送とBS/CSデジタル放送を各2つ、合計4つ搭載しています。ただし、2018年12月1日からスタートした新4K衛星放送を受信できるチューナーは備えていないため、新4K衛星放送を視聴するには別売の4Kチューナーなどが必要です。

USB3.0ポートとUSB2.0ポートをそれぞれ1つずつ搭載しているので、外付けハードディスクを接続して、裏番組を録画することも可能。予約録画は最大64番組まで可能です。

この他、下記のポートや出入力端子を搭載しています。

4K映像に対応するHDMIポートを4つ、データ放送用LAN端子、アナログ接続コンポジット映像入力を1系統、出力は、ステレオミニのヘッドフォン、光デジタル音声、内蔵スピーカーは10W×2chに対応。

本体サイズは、1104.2×700.6×263.4mm(幅×高さ×奥行き)で、重さは11.5kgあります。

待機時の消費電力は106W、年間消費電力量は170kWh/年です。

GH-TV49E-BK-rem

本体の付属品は、専用リモコン、リモコン用乾電池(単4形乾電池×2個)、専用電源コード、miniB-CASカード、miniB-CASカードカバー、miniB-CASカードカバー用ネジ、取扱説明書、保証書、テレビスタンド×2本、テレビスタンド取付用ネジ×4本です。


関連キーワード: 4k, 4kTv, av, ゲオ, geo, green house, GreenHouse, tv
66シェア
13
19
0
34

Sponsored Contents