Sponsored Contents

Weekendの最新記事

Image credit:
Save

AIで40億人に住所割当て・人気天文学者がセクハラ?・プリンタ5万台が勝手にYouTuber宣伝: #egjp 週末版144

プリンターをハッキングすれば相手に年賀状も出力できる?

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年12月3日, 午前06:50 in Weekend
77シェア
7
23
0
47

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View
1週間のあいだに拾いきれなかったニュースをいくつかピックアップしてお届けします。今回は「AIで40億人に住所割当て」「人気天文学者にセクハラ疑惑」「世界5万台のプリンターがYouTuber宣伝」といった話題を取り上げています。

火星着陸のインサイト探査機、地中調査の準備開始

NASA InSight
火星のエリジウム平原に着陸したインサイト探査機は、その太陽電池パネルを完全に展開し、1日に4588WHの電力を生み出せる良好な状態に落ち着きました。そしてカメラのレンズを覆っていたカバーを取り外し、今では汚れのない、完全にクリアな画像を地球に送り届けるようになっています。

探査機はこれから、地熱の伝わり方を調べるプローブを地中に挿し込むスポットを選定します。もちろんインサイトから届くごく狭い範囲からですが、ここで地下に硬い岩がある場所を選んでしまえばプローブが所定の深さにまで到達できません。また、地震計の設置も行われる予定。これらに3か月も時間を割いているところにその慎重さがうかがえます。

ちなみに、地球では地殻運動(プレートテクトニクス)が地震発生の主な原因ですが、火星では地殻の運動はありません。では火星の地震の原因はなにかといえば、その一つとして挙げられるのが隕石です。火星の大気は地球の40%程しかないため、大気圏に突入した隕石は燃え尽きずに地表に衝突します。その衝撃が引き起こす揺れ、すなわち地震を地震トモグラフィーと呼ばれる手法を持ちいて分析することで、火星内部の構造を知ることができるというわけです。

FacebookとMIT、AIで住所のない40億人に直観的な住所を生成Facebook, MIT

現在、世界に住む人のうち40億人は住所と呼べるものを持たずに生活していると言われています。たとえば草原地帯の遊牧民などには特定の場所に住むという概念がなく、モンゴルでは、近年近代化が進んでいる首都ウランバートルなどでも地名が明確化されず、特定の住所がないことが普通だったりします。また米国でも一部ネイティブアメリカンなどは、通りの名前などから体系的に定められた一般的な住所がない地域に住んでおり、郵便物の受け取りは私書箱システムに頼らざるをえない状態です。

このような問題を解決するには、適当な3つの単語を仮の地名として登録し、それをもとにソフトウェアで位置を割り出すwhat3wordsと呼ばれる仕組みが考案され、一分で利用が開始されています。しかし、what3wordsは全く関連性のない単語の羅列にアドレスを割り当てるするため、隣り合った土地であっても互いにそれを類推することができません。

Facebookとマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、深層機械学習させたアルゴリズムを利用して、衛星画像からその人の所在地を確認して、直感的にそれがどのあたりかを知ることができる住所生成ソリューションを開発しています。

まず、衛星画像から道路を含むピクセルを認識するよう鍛えたアルゴリズムを用意し、別のアルゴリズムを使って道路の密度や形状を分析し、最も密度の高い位置を街の中心として東西南北の四分円に分類、道路の方向と中心からの距離に応じてその通りをナンバリングしました。そして定めるべき位置のピクセルを道路網に関連付けて命名する規則を定めました。
Facebook, MIT
たとえばwhat3wordsで生成した住所の場合、parrot.failed.casinoとissuer.television.ripeという土地を記した名刺を受け取ったとしても、われわれにはそれが世界のどこにあるのかすら想像できません。ところが、FacebookとMITが生成するシステムでは、それら2つを715D.NE127.Dhule.MhIn、716C.NE127.Dhule.MhInと表現でき、命名規則からそれがインドのドゥーレという街の中心部から北東にある隣り合った場所だということが直観的に理解できます。

これを今まで明確な住所がない人々が住む土地に適用することで、what3wordsなどよりも直観的かつ合理的な住所を自動的に生成できるというメリットがあるわけです。

問題は、このような命名システムが優れていても、実際に使われるようになるにはそれを政府や市民が受け入れる必要があるということ。世界40億人の住所不定ならぬ住所不指定の人々にとっては、住所を明確に表現できるようになるだけで郵便・荷物配送サービスから医療・社会福祉といったサービスを他と同じように受けられるようになり、QoLの向上にもつながるかもしれません。

ニール・ドグラース・タイソンに性的不品行の告発


体物理学者でドキュメンタリー番組『コスモス:時空と宇宙』などで知られるニール・ドグラース・タイソンを、2人の女性が性的嫌がらせを受けたとして告発していると、報じられています。ドグラース・タイソンの番組を製作しているFoxおよびナショナルジオグラフィックは、「状況を認識したところで、調査を検討中だ」とThe Hollywood Reporterに語りました。

デヴィッド・G・マカフィーと名乗る人物が宗教関連の話題など扱うサイトPatheosに投稿した記事によれば、ドグラース・タイソンは2009年のアメリカ天文学会で物理・天文学教授ケイトリン・アラース氏からの写真撮影の申し出に応じたあと、彼女の上腕から首にかけて太陽系を描いたタトゥがあることに気づき、肩の服に隠れた部分に冥王星があるかどうかを見せるよう迫ったとされます。

また、ある番組の制作期間にドグラース・タイソンのアシスタントだったアシュリー・ワトソン氏は、プライベートな夕食に招待された際、性的な誘いのための好ましくない状況におかれた事をきっかけとして、自分からアシスタントを退職したと主張しているとのこと。

これに対し、ドグラース・タイソンはFacebookページでこの問題への自身の意見をしたためました。まず、アラース氏のタトゥの件に関しては、実際に冥王星を見せるように言ったことは認めたものの、それは2006年に冥王星が準惑星に格下げされていたため、そこに描かれているかが気になったからとのこと。そのときにアラース氏の腕を掴んだことも認め、彼女がそのことに不快感を覚えたことについて謝罪しました。

一方、もうひとりの女性ワトソン氏に関しては、彼女が番組制作におけるアシスタント・付き人であり、運転手、スケジュール管理、スタジオでの業務全般など全面的な役割を担ってもらったとし、その間に互いの趣味やプライベートまで気兼ねなく話す関係になったと説明、彼女はあらゆる人と挨拶代わりにハグをする気さくな人柄であったものの、ドグラース・タイソン自身はハグをせず、ワトソン氏にそれを求められたときには「もしハグしたらもっと親しくなってしまうかもしれないよ」と冗談を言ったとしました。

そして、番組制作が佳境に差し掛かった頃、親しい関係者とはいつもそうしているというプライベートな夕食にワトソン氏を招待し、食事といつもどおりの会話2時間ほどしたあと、別れ際に親しい友人とだけするというネイティブアメリカン式の"特別な握手"を申し出たとのこと。

しかし後になって、ワトソン氏は夕食のときは(性的な誘いの)プレッシャーを受けたと話し、仕事を離れる決心をしたとドグラース・タイソン氏に伝えたとのこと。ドグラース・タイソン氏はその場で深く謝罪し、ワトソン氏はそれを受け入れたうえで最後にハグをして去ったとしています。

なおドグラース・タイソン氏は、Foxとナショナル・ジオグラフィックによる調査を歓迎し協力するとしています。また、今回の告発記事がドグラース・タイソン氏に対する何らかの訴訟につながるのかはわかっていません。

プリンター5万台がハッキングされ、YouTuberの宣伝をプリントアウト

世界5万台のネットワークプリンターが突然、世界で最も知られたYouTuberのひとりPewDiePieを宣伝する文書を印刷するという現象が12月1日に発生しました。

原因はTheHackerGiraffeと名乗るハッカーが、セキュリティ保護されないデバイスを探し出す検索エンジンShodan.ioを用いてインターネットに直接接続されたネットワークプリンターを80万台リストアップし、そのうち5万台に対してPrinter Exploitation Toolkit(PRET)と呼ばれるツールを使って印刷コマンドを発信したため。

PRETの機能には「印刷ジョブのキャプチャや操作、プリンタ内のファイルシステムおよびメモリーへのアクセス、最悪はデバイスに物理的なダメージを与える操作」が含まれています。

では、なぜPewDiePieを宣伝したのかといえば、単純にTheHackerGiraffeが彼のファンだからという、なんともくだらない理由から。その行為はハッカーというよりはスクリプトキディと呼ぶべきレベルかもしれないものの、ネットワークプリンターを脆弱な状態で使い続けている被害側も、もう少しセキュリティ意識を持つ必要はありそうです。

大型連休や年末年始にはインターネットを通じた攻撃が増える傾向があります。ネットワーク管理者諸氏におかれましては、とりあえずネットワークにぶら下がるデバイスのファームウェア更新や、セキュリティ設定の見直しをしておくことをおすすめします。

Windows 10にマイクを使用中のプログラム通知機能が追加へ

Microsoft
Microsoftは、Fast Ringユーザー用のWindows 10 Insider Previewにて、マイクの形状をしたトレイアイコンにマウスを重ねるだけで、マイクを使用しているプログラムを表示する変更を加えています。もし、複数のプログラムがマイクを使用している場合は、アイコンにそれらプログラムの数をバッジ表示します。

また、この最新のInsider Previewではトレイアイコンに再起動を必要とするシステムアップデートが保留状態になっていることを知らせる表示も追加されています。Windows 10ではデフォルト設定ではバックグラウンドで自動的にWindows Updateが適用され、しばらく操作していない状態が続くとPCを自動的に再起動までしてしまう問題が一時話題となっていましたが、通知機能があるだけでユーザーの安心感は大きく違うと考えられるので、はやく正式版にも追加して欲しい機能のひとつと言えそうです。


Sponsored Contents