Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

スマホを組み込むダンボール製MRゴーグル「だんグラ」、Makuakeで予約開始

HMDではなくTMD(手で持ってディスプレイ)

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年12月3日, 午後06:00 in gadgetry
38シェア
9
29,"likes":9
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

大阪のベンチャー企業 ホログラム株式会社が、スマートフォンを組み込んで使うダンボール製のMRゴーグル「だんグラ」の予約受付を国内クラウドファンディングのMakuakeで開始しました。

VRゴーグル黎明期には、Googleの段ボール製ゴーグル Cardboardや、ハコスコなどが登場し、スマートフォンを使った手軽なVR体験を牽引した印象がありますが、だんグラはそれらのMRゴーグルバージョンです。

Hologram dangra

VRの場合はスマートフォンの画面をレンズ越しに見るだけで済みましたが、MRでは現実の世界を重ね合わせる必要があり、だんグラではハーフミラーにスマートフォンの画面を投影します。一般的なAR・MRゴーグルで使われる小型のプロジェクターの代わりにスマートフォンを使うだけで、原理的には同じ構造です。

hologram dangra

また、スマートフォンを組み込んでしまうとタッチ操作が出来なくなりますが、第2世代のCardboardと同様に、外部から直接タッチできる静電容量ボタンも備えます。

なお、今回は2眼タイプですが、単眼のだんグラは以前に発売済み。このため、だんグラ向けのアプリもすでにリリースされていますが、それらは基本1眼向けです。今回のだんグラも、内部のWWWMRレンズを取り除く(外部から抜き差し可能)と1眼タイプとして利用できます。また、リリース済みコンテンツの2眼向けアップデートも行われるとのことです。

このほか、1眼と2眼、それぞれのVR、MR、AR向けコンテンツを同時開発できるAPI、SDKを2019年4月頃に提供予定となっています。



だんグラは一般販売時は5500円を予定しており、Makuakeでは3000円から購入可能です。なお、対応するスマートフォンは、ARkitに対応したiPhone 6s以降で、Android(ARCore対応機種)は2019年夏に対応予定となっています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: PRTimes, Makuake
関連キーワード: ar, cardboard, dangla, gadgetry, hmd, makuake, MR, tmd, vr, wearables
38シェア
9
29,"likes":9
0

Sponsored Contents