Sponsored Contents

Androidの最新記事

Image credit:
Save

Android One最高峰の「Android One X5」、13日発売

LG初のAndroid Oneスマートフォン「G7 One」の日本版です

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2018年12月4日, 午後03:10 in Android
137シェア
10
59
0
68

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

ソフトバンクはサブブランドのY!mobileにて、LGエレクトロニクス製のスマートフォン「Android One X5」を12月13日に発売します。価格は7万7300円(税抜)です。

「Android One」シリーズはGoogleが最新のアップデートを直接提供するのが特徴で、標準ホーム画面を採用し、メーカー製アプリなどを極力省かれています。「Android One X5」は、ハードウェアはLGが海外で発売済みの「LG G7 One」と同等で、Y!mobile向けのアプリなどが追加されています。

Android One X5

これまで、性能を抑えたモデルを中心にラインナップしていたAndroid Oneシリーズですが、X5は他社のフラッグシップモデルに並ぶような高性能なモデルとなっています。

Android Oneシリーズらしい特徴として、側面に「Googleアシスタントボタン」を搭載。GoogleアシスタントやGoogleレンズを素早く起動できます。

Android One X5

ノッチ付きの6.1インチIPS液晶ディスプレイを装備。日差しのある屋外でも見やすいより、最大輝度1000nitという、スマートフォンとしては最高クラスの明るいディスプレイを採用。オーディオ周りでは、Hi-Fi Quad DACを搭載し、内蔵スピーカーや3.5mmイヤホンでの音質を高めています。また、内蔵スピーカーでは、本体内部で反響して増幅する設計を採用し、大きな音で響かせます。

【お詫びと訂正】
初出時、「有機ELディスプレイを装備」としていましたが、正しくは「IPS液晶ディスプレイ」です。お詫びして訂正いたします。

Android One X5

カメラには「AIオート」を搭載。夕景や動物、食べ物など、撮っているモノやシーンを判別して、適切な設定で撮影します。また、カメラアプリから「Googleレンズ」の起動にも対応します。Y!mobileのAndroid Oneシリーズはカメラアプリの機能やレイアウトがすべての機種で統一されていますが、X5は初めて独自の機能を搭載したモデルとなります。

Android One X5
Android One X5

ボディには防水、防塵性能があり、MIL規格準拠の耐衝撃試験もクリアしています。背面には指紋認証センサーを備えています。また、FeliCa(おサイフケータイ/Google Pay)にも対応します。

チップセットはSnapdragon 835(MSM8998)、メモリは4GB。ストレージは32GBで、最大512GBのmicroSDを追加できます。バッテリー容量は3000mAh。カラーはニューモロッカンブルーとミスティックホワイトの2色です。


137シェア
10
59
0
68

Sponsored Contents