Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

ソフトバンク、シャープ製Android Oneスマホ「S5」を12月下旬以降に発売。5.5インチIGZO搭載

ワイモバイルからも発売

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年12月4日, 午後04:15 in mobile
66シェア
8
24
0
34

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

ソフトバンクは、同キャリアとしては2機種目となるAndroid Oneスマートフォン「S5」を12月下旬以降に発売します。価格は未定。

Androidのキャリア端末はアップデートが滞りがち、かつ毎月のセキュリティアップデートもなかなか追従できない状態となっています。この点、Android Oneは、端末発売から24か月間は最低1回以上のOSバージョンアップを提供。また、発売から3年間は毎月のセキュリティアップデートを保証されているのが特徴です。

「S5」は、このAndroid Oneを搭載するシャープ製スマートフォンで、ワイモバイルからも同じ端末がリリースされます。なお、ソフトバンクからとしては、1月に発売された「S3」に続く2機種目となります。



5.5インチ 2160x1080のIGZOディスプレイを搭載。SoCはSnapdragon 450、RAM3GB、ストレージ32GB。最大512GBまでのmicroSDXCに対応します。背面カメラは1200万画素で前面は800万画素。バッテリー容量は2700mAh。

IPX5/IPX8相当の防水、IP6X相当の防塵に対応するほか、MIL規格準拠の高い耐衝撃性能も備えます。なお、ワンセグ・フルセグやおサイフケータイには非対応です。

筐体はアルミのアルミ製で、本体サイズは約71×148×8.1mm、重さ約149g。カラーバリエーションはクールシルバー、ダークブルー、ローズピンクの3色です。

SoftBank Android One S5

Source: SoftBank
66シェア
8
24
0
34

Sponsored Contents