Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

パイオニアの完全ワイヤレスイヤホンに防水対応の新モデルが登場!2019年1月下旬に発売

製品名は「E8 truly wireless」。直販サイトでの価格は1万2880円(税別)

44シェア
10
27
0
7

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View


オンキヨー&パイオニアは、パイオニアブランドの新製品として、完全ワイヤレスイヤホン「E8 truly wireless」(SE-E8TW)を2019年1月下旬に発売します。同社のオンライン直販サイトでの価格は1万2880円(税別)です。

E8 truly wireless All Color
▲本体カラーは、イエロー、グレイ、ピンクの3色展開

本機は、左右が完全に独立した完全ワイヤレスタイプのイヤホン。スマートフォンなどとBluetoothで接続して利用します。

スポーツでの汗や急な雨などの際にも安心して使えるIPX5等級の防水性能を備えるほか、装着時に安定するよう、取り外し可能なシリコン製のシリコン製のセキュアイヤーフィン、周囲の音が聴こえるように設計された「アンビエント・アウェアネス・イヤーチップ」(S/M/Lサイズ)が付属するのが特徴です。

付属のイヤーチップは、スリットを設けることでカナル型イヤホンとしての密閉性を下げ、ノズルから直接聴こえる楽曲とスリットから聞こえる外音により、音楽を楽しみつつ周囲の音が認識しやすくなるとのこと。

E8 truly wireless Ear Tips
▲セキュアイヤーフィン、イヤーチップともに3サイズが同梱されます

サウンド面での特徴としては、強磁力希土類マグネットを採用した高感度φ6mmドライバーを搭載する他、ノズルに角度を付けて、ドライバーを耳穴に向けることで、ダイレクトに音が届く構造を採用しています。これにより、「よりクリアでパワフルなサウンドを実現した」としています。Bluetoothは4.2をサポートし、高音質コーデックのAACに対応しています。

ハードウェア面での特徴としては、本体に「マルチファンクションボタン」を搭載したことで、タッチ操作による音楽の再生やスキップなどの操作や、ペアリングしたスマートフォンの音声アシスタントを起動できる点が挙げられます。

そのほか、スマートフォンに届く様々な通知を音声で読み上げてくれる「Notification App」にも対応。スマートフォンの画面を見ることなく操作が行えます。

E8 truly wireless Case

イヤホン単体での連続再生は最大3時間、同梱される専用充電ケースで約2回分の充電が可能となっています。

このほか、細かいスペックは以下のとおりです。

型式:密閉型ダイナミック
再生周波数帯域:20Hz〜20000Hz
対応コーデック:SBC、AAC
対応Bluetoothプロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP
対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
マルチペアリング:最大2台まで
充電時間:約1時間(イヤホン)、約3.5時間(充電ケース)、
イヤホン重量:左右各6g



44シェア
10
27
0
7

Sponsored Contents