Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

Appleが選ぶ今年のアプリや曲「Best of 2018」発表。年間ランキングはTikTokが首位に

エッジを攻めたゲームも人気

田沢梓門, @@samebbq
2018年12月6日, 午後02:05 in Apple
84シェア
12
47
0
25

連載

注目記事


Appleが12月4日に「Best of 2018」を発表しました。こちらは年間を通して世界のエンターテイメントに影響を与えたアプリ、ゲーム、音楽、映画、テレビ番組、ポッドキャストなどをAppleがピックアップしたものです。

まずは今年のアプリ部門ベストから紹介しましょう。

アプリのトレンドはセルフケアとバトル・ロワイアル

2018年のベストアプリ
今年のアプリケーショントレンド - セルフケア
今年のゲームトレンド - バトル·ロワイアル方式のゲーム
今年のベストiPhone アプリ : Procreate Pocket
今年のベストiPhoneゲーム : Donut County
今年のベストiPad アプリ : Froggipedia
今年のベストiPadゲーム : Gorogoa
今年のベストMac アプリ : Pixelmator Pro
今年のベストMacゲーム : The Gardens Between
今年のベストApple TV アプリ : Sweat
今年のベストApple TVゲーム : アルトのオデッセイ

Engadget

アプリケーショントレンドは「セルフケア」。ここで紹介されているアプリは心拍や歩数計測によるフィジカル面での健康ではなく、主にメンタル面での話です。生活習慣改善をサポートする「Fabulous - Motivate Me 」や、瞑想アプリの「10% Happier: Meditation」など、メンタル面での健康に視点をおいたアプリがピックアップされました。

Engadget

ゲームトレンドは「バトル・ロワイアル方式のゲーム」で、「PUBG MOBILE」や「Fortnite」といった、最後の1人になるまで対戦するシューター系タイトルが紹介されました。

iPhoneアプリ版は、PCやコンシューマーゲーム機よりは操作性やグラフィックは劣るものの、移動時間などに気軽にプレーできるのは利点ですね。


Engadget

ベストiPhoneアプリは、イラスト作成ソフト「Procreate Pocket」。ブラシの数は135以上で、それぞれのブラシに50以上のカスタム設定を用意しています。 3D Touchに対応しており筆圧を反映可能。有料アプリで600円にて配信されています。

Engadget

そして今年のベストiPhoneゲームには「Donut County」が選ばれました。地面に空いた穴を操作して、街にあるものを飲み込んでゆくパズルゲームです。有料アプリで600円にて配信されています。

ランキングでは「TikTok」と「どうぶつの森」が首位に


合わせてiOSのApp Storeでは、アプリとゲームにおける年間のランキングも発表されています、こちらも紹介しましょう。


Engadget

まずはゲーム以外のアプリから。無料アプリでは多くのユーザーの生活の一部にもなっている「LINE」や「Googleマップ」などの定番アプリを抑えて、ショート動画アプリ「TikTok」が首位に。有料アプリではウェブブラウザの広告を非表示にできる「280blocker」がトップとなりました。

興味深いのは3Dの人体模型アプリ「ヒューマン・アナトミー・アトラス 」が上位にランクインしている点。本来は医療関係者や教育関係者向けのアプリですが、通常は1400円のところ、セール期間では120円で提供されていたのも大きな要因でしょう。

Engadget

無料ゲームは「どうぶつの森ポケットキャンプ」が首位に。どうぶつの森シリーズということで、とりあえずダウンロードしてみた人も多かったのではないでしょうか? やはり任天堂の持つIP( 知的財産)は強力ですね。

「どうぶつタワーバトル」も4位にランクイン。どうぶつの森と同時期に発売されたことと、リアルなどうぶつを用いた渋いビジュアルのパズルと、オンライン対戦の楽しさがSNSでの話題を集めで人気タイトルになりました。

一方、有料ゲームでは定番のサンドボックスゲーム「Minecraft」が首位に輝きました。そして注目したいのは、4位の「Getting Over It」。ツボに入った男がハンマーを使って山を登るという謎コンセプトの、いわゆる「バカゲー」です。先行したPC版での独特の操作方法と難易度の高さが、ゲーム実況やSNSで話題となっていたゲームのiOS版ということで、話題となりました。


そのほかアプリ以外での「Best of 2018」のリストも紹介します。こちらを参考に、年末年始の長期休暇などはiPhoneやPCで注目コンテンツを楽しむのもいいかもしれませんね。

■Apple Music
今年のベストアーティスト:ドレイク
今年のブレイクスルーアーティスト:ジュース・ワールド
今年のベストソング:"I Like It" Cardi B, Bad Bunny & J. バルヴィン
今年のベストアルバム:「Golden Hour」ケイシー・マスグレイヴス

■Podcast
飯田浩司のOK! Cozy up!
バイリンガルニュース (Bilingual News)
ザ・ボイス そこまで言うか!
Hapa英会話 Podcast
大竹まこと ゴールデンラジオ!「オープニング」
鈴木敏夫のジブリ汗まみれ
NHKラジオニュース
未来授業

■映画(Apple TVとiTunes)
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(字幕版)
グレイテスト・ショーマン(字幕/吹替)
スター・ウォーズ/最後のジェダイ(字幕版)
キングスマン:ゴールデン・サークル(字幕/吹替)
君の膵臓をたべたい
デッドプール2(字幕/吹替)
デッドプール(字幕/吹替)
ブラックパンサー(字幕版)
マイティ・ソー バトルロイヤル(字幕/吹替)
レディ・プレイヤー1(字幕/吹替)

■Apple Books
今年のベストマンガ:新九郎、奔る!(1)
今年のベストフィクション : ギケイキ2
今年のベストミステリー : 翼竜館の宝石商人
今年のベストサイエンスフィクション : 零號琴
今年のベスト海外小説 : ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ
今年のベストノンフィクション:ホモ・デウス
今年のベスト小説デビュー作:藻屑蟹
今年のベストマンガデビュー作:呪術廻戦 1


Source: Apple
関連キーワード: 2018, app, Apple, game, ios, iphone, mac
84シェア
12
47
0
25

Sponsored Contents