Sponsored Contents

audioの最新記事

Image credit:
Save

完全ワイヤレスイヤホン「PaMu Scroll」見た目のわりにゴツく鳴る(世永玲生)

クラウドファンディング乗り遅れに泣く

世永玲生(Reo Yonaga)
2018年12月7日, 午後07:30 in Audio
85シェア
23
19
0
43

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View



どうもこんにちは。今回はMakuakeにて支援募集中だった完全分離型のBluetooth対応ワイヤレスイヤホン「PaMu Scroll」についてご紹介します。

これ、1台8580円の支援でゲット出来るプロダクトだったんですが、目標設定の1300%近い金額で既にサクセス&終了しちゃってるんですよね(泣)。結論から言うと支援しとけばよかったなって後悔してます。

円筒型ケースがトレンドに!?


今回は「音質」「装着感」「電池持ち」の観点からレビューしますが、まずは外観チェックから。

PaMuScroll
ケースはこんなです。イヤホンそのものには関係ないですが中々の質感。本革を一個一個手作業で裁断しているとのこと。表面加工も本革のそれなりの財布レベルで、丁寧に縫製もしています。

元々、この「PaMu Scroll」を作っているPadmateは、長年OEMやODMでオーディオガジェットを作っていた会社なので、晴れてメーカーになった気合の現れが各所に感じます。


PaMuScroll

ケースの開閉はパカッというよりはクルッとオープン。マグネット式で革の柔軟性があるので、出し入れは非常にイージーですし、今の所勝手に開いてイヤホンが飛び出したことはありませんでした。

そういえば、DJIのOsmo Pocketも円筒形のケースがくるっと回って出てくるシーンがあったので、今後この手のデザインは流行るのでしょうか。

osmo
近い将来円筒形のポケットがズラッと並んだマルチポケットベストが出回るとします。ガジェットマニアはベストに各種円筒形ケースのガジェットを装備、、、、。みたいになったら、社会性はますます失いそうですが、やってる本人的にはかなり楽しい未来がやってきそうです。

操作方法は?

イヤホンをケースから取り出して、スマホ等の端末側Bluetooth設定を見ると。PaMuScroll
▲PaMu Scrollが出てくるのでそれをタップします


PaMuScroll

すると、それ以降はケースからイヤフォンを取り出せば自動で端末と接続されます。このへんはノーストレスでいいですね。

最初の接続時の反応はちょっと遅めなのと、複数台切り替えて使う場合は、基本本体側のBluetoothオン・オフで制御しないといけないのは最初は若干戸惑いますが、慣れればむしろ快適です。

PaMuScroll
Scrollはカナル型なのですが、イヤピースはいわゆるシリコンのフニャ系で、装着感も中々良いです。ジョギング等軽めの運動であれば、落下を気にせず使える感じがします。

イヤホンの操作は側面をタップすることで可能で、ワンタップで再生/停止、ダブルタップでSiriを起動します。何かしらの新機能を設けたい気持ちはよくわかるのですが、ここはロングタップでの再生/停止操作にして、Siriの起動機能はなくていい気がします。

ダンスミュージックが気持ちよく鳴る

さて、肝心の音質についてです。僕はずいぶん昔に買った「HD25-1」をリケーブルして使っているのですが、仕事中に聴く音楽はロスレス音源を聴いているというわけでもなく、そんなに大音量で聞く方でもありません。基本的にはそれなりに解像度が高めであればいいという程度です。

そんな前提で「Scroll」をチェックします。この手のイヤホンは普段聴くような音楽との相性が肝心だと思うので、とりあえず色んな種類の楽曲を聞いて雑にサウンドチェックしてみます。

まずはなんとなく相性良さそうだなぁと思ったRymdreglageの「Hall of Fame」から。


やべぇ。いつ聞いてもかっこい。
Breakcore寄りのチップチューンは相性が良さそうです。

まぁただチップチューン特有のノイズの表現とこのイヤホンの相性がいいかというと、ちょっと疑問符が残ります。ザラッと感は滑らかにされている様に感じました。

次はVladimir Cauchemar & 6IX9INEの「Aulos Reloaded」。

おぉこれはピッタシ。

すごいいい感じに重低音が再現されてます。
中高音との再生バランスもよし。

ただ、全般的にこのイヤホンは低音を強調しているみたいなんですが、ハイハットの解像度等々を考えると、元曲のままかというとそれも違う感じです。

HD-25で耳に鋭く突き刺さっててたクローズハイハットの部分は少し鋭さが削られている気がします。

Vladimir CauchemarのEd Bangerからリリースされている音源は他にも試してみたのですが、全般的に相性が良かったです。

さて、続けていわゆる「テクノ」なやつを行ってみます。チキチーとハイハットやクラップが耳に突き刺さる系です。


やはり、低音が強調されている反面、HD-25の様なヘッドホンに比べると、高音の解像度は低め。 耳に突き刺さる様なハイハットの鋭さが再現されてはいません、ですが、これはこれで悪いもんじゃないです。
重低音をヘッドホンで聞く前提で、音作りがされている音源全般とは相性が良いのかもしれません。



そして、この手の音源ですと、クラブにいるみたいな重低音の音圧感が疑似体験出来ます。
まぁギリギリ聴き続けれることが可能な感じです。

続いてはTeddyLoid - ME!ME!ME! feat. Daoko
ネットに強い方なら一度は聞いたことがある楽曲だと思います。

んー。聞いた感じは悪くないというよりむしろ相性は良いのですが、TeddyLoidの作品の様に、しっかりとヘッドホンで聞いてもらう前提で作られている曲で、元の曲を知っている状態だと、HD-25との差が目立ちます。

とはいえ、イヤホンはカナル型が殆どになっているご時世。最近のアルバムですとHD-25で聴くのと比べて殴り方が違うだけで、しっかりと鼓膜と脳が殴られている感じはありました。

そうそう、TeddyLoidと言えばニューアルバム「Reloaded」で、近田春夫さんにうん十年ぶりにラップを歌わせるってスゴイことやってるので、気になる方はチェックしてみてください。良質なダブステップを聞きたい人には本当にオススメ。

さて続いては
BHAD BHABIE "Hi Bich" REMIX ft YBN Nahmir, Rich the Kid, Asian Doll

楽曲発表当時14歳のダニエルブレゴリのなんとも言えない声質と、相性がイイ!


続いて6ix9ineの「KEKE」低音も迫力ある感じありながら耳障りではありませんし、オートチューンも特にぼやけた感じでもありません。

SoundCloud Rapというか、ストリーミング世代のアーティストの楽曲とはこの「PaMu Scroll」全般的に相性が良いようです。


そして最後はCradle of Filthの代表曲の1つ「From the Cradle to Enslave」。
「Temptation」と迷ったのですが、「Temptation」はハイトーンデスヴォイスが無かった記憶なのでこちらにしてみました。


んー。これはダメですね。
ノイズキャンセリングが入った様に、デスヴォイスが消えちゃってます。

総論として、最近レコーディングされた音源のダンスミュージックやポップミュージックは気持ちよく聞けます。しかし、デスヴォイスだったり、チップチューンのヒス・ノイズのサンプリングだったり、解像度が求められるゴリゴリと重なる骨太なメタルなどの音源とは相性が良くないです。

ヒップホップに関してもLords of the Undergroundといった、ミドルスクールのアーティストの楽曲は結構耳障りに感じる表現になるものも多く、日本語ラップにしても10年以上前のですとこのイヤホンで聞くにはしんどめな楽曲も多数見受けられました。

雑に表現するとサブウーファーを積んだ車で音楽を聴いている感じなので、向き不向きは曲によってかなり顕著に出そうではありそうです。


あと、ちょっと笑ったのはNeophyteの楽曲は、今も10年以上昔のもバッチリな感じだった所です。
そりゃそうか。

電池持ちはどうだったか

ケース自体がイヤホン用に充電器を兼ねているので、使わない時にケースにインしておけば、とりあえず行き帰りで使ってる分には充電切れには遭遇しませんでした。イヤホンの再生時間は3.5時間。ケースをフル充電にすると最大2回充電が可能です。

PaMuScrollケースから外すと光るこのLEDがバッテリー状態を表してるんでしょうが、それも残念ながら確認できず。

総括すると

・これで8580円は安い(安かった)
・最近リリースされた曲全般とは相性良し
・電池の持ちも通勤通学ならノーストレス
・デスヴォイスは消える


と言ったところでしょうか。クラウドファンディングが締め切られているのが本当に残念です。

そしたら最後に、大阪のデスメタルバンドSomberRageのちかさんの素敵なデスヴォイスをお届けしてお別れしましょう。それでは。


Source: Makuake
85シェア
23
19
0
43

Sponsored Contents