Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

クラウドSIMの「jetfon」、通信障害に強いマルチキャリア対応の新プラン~国内は5GBで月980円

価格的にも国内で利用しやすくなっています

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年12月8日, 午前11:45 in mobile
383シェア
107
107
0
169

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View

MAYA SYSTEMは12月7日、クラウドSIMを採用するjetfon向けの新サービスとして、国内外のマルチキャリアに対応したデータ通信プランを発表しました。12月中のサービス開始が予定されています。

jetfonは、クラウドSIMというeSIMに似た仕組みを採用するスマートフォン。SIMを差し替えることなく世界100以上の国と地域で通信が行えます。

ちなみに、通常のSIMスロットも搭載しており、DSDSにも対応しています。クラウドSIMはデータ通信専用で通話は行えないのですが、SIMスロットに通話の出来る現地SIMを挿しつつ、もう片方をクラウドSIMで使うといったことも可能です。


そのJetfonの料金プランは、これまで300MB/1日、1GB/7日、3GB/30日と比較的短期での利用を想定したものでした。なお、料金的にも1日380円からと国際ローミングと比べると安価に設定されています。

これに対し、発表された新プランは、1か月契約が基本となります。また、従来は日本でも使えたものの、日本向けのプランとしては独立していませんでしたが、新プランでは日本向けの価格設定が行われています。国内なら5GBが980円/月と、国内MVNOとそん色ない価格になっています。

MAYA SYSYEM Jetfon

また、国内外のマルチキャリアに対応しており、一部の通信キャリアで障害が発生した場合にも、他のキャリアで通信を行えるのが特徴です。12月6日にソフトバンクで大規模な障害が発生しましたが、そういった場合でもドコモやauの回線を利用して通信できるわけです。

MAYA SYSTEM jetfon

jetfon専用プランのため、他の端末では利用できませんが、もしもの事態に備えるのであれば、こういった端末が1つあると安心かもしれません。ただ、肝心のjetfon自体が、スマートフォンとしてはやや特徴に欠けるものとなっているため、後継機種の登場を期待したいところではあります。


383シェア
107
107
0
169

Sponsored Contents