Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

12月10日のできごとは「CELL REGZA 55X1発売」「GALAPAGOS発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2018年12月10日, 午前08:30 in today
17シェア
0
17
0
0

連載

注目記事

12月10日のおもなできごと

2005年、マイクロソフトが「Xbox 360」を日本で発売
2009年、東芝が「CELL REGZA 55X1」を発売
2010年、シャープが「GALAPAGOS」を発売
2011年、ソニーが「NW-Z1000」シリーズを発売
2015年、ドローンに関する飛行ルールが追加された改正航空法施行

2009年:CELL搭載のフラッグシップモデル、100万円レグザが登場「CELL REGZA 55X1」

today

ソニーはPlayStarion3にCELLを搭載しましたが、東芝が搭載したのはテレビ。CELLを使うことで高度な映像処理や多彩な機能を実現し、超解像を始めとする強力な高画質表示を可能としました。これが「CELLレグザ 55X1」です。

タイムシフト用に地デジ×8と2TB HDD、通常視聴・録画用に地デジ×3とBS/110度CS×3と1TB HDD、さらにアナログ放送用に×1と、合計14ものチューナーと2台のHDDを搭載。前日に遡ってどの番組も視聴できるという「タイムシフトマシン」を実現しました。

さらに、ダイナミックコントラスト比500万:1の「メガLEDパネル」の採用、残像感の少ない120コマ再生の「Wスキャン倍速」、指定したコンテンツに対してタイトル・人物・ジャンル・キーワードで関連するコンテンツを表示する「ローミングナビ」を搭載するなど、画質も機能も使い勝手も大きく進化していました。100万円という価格だけを聞くと驚きますが、内容をみれば納得できるでしょう。

なお、X1シリーズの製品ページを見てみると、一番最初に「CELLプラットフォーム」があります。このことからも、CELLへの力の入れようが感じられますね。

2010年:電子書籍サービス「TSUTAYA GALAPAGOS」開始にあわせ登場した専用リーダー「GALAPAGOS」

today

シャープとCCCが提携し、書籍や映画、音楽まで提供を予定していたサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」。このサービス用の端末として登場したのが「GALAPAGOS」です。実はこの端末、店頭販売はナシ。オンラインストアからか、コンビニなど店頭にある申し込み用紙を使って申し込むという方式での販売となりました。

画面サイズがユニークで、10.8インチと大きなものと、5.5インチという小さいものの2種類が用意されました。他社ですと6~8インチくらいが多いのですが、コンテンツをガッツリ楽しむには画面サイズが足りず、屋外で手軽に読むには大きい、という不満があります。あえて中間を作らず大小2つに絞ったあたりに、こだわりが感じられます。......などといいつつ、翌年には7インチモデルが登場するわけですが。

なおCCCとの提携は2011年9月末、つまり1年と経たずに解消されています。これに伴いサービス名も「TSUTAYA GALAPAGOS」から「GALAPAGOS STORE」になりました。さらにいうと、この「GALAPAGOS STORE」も、2017年12月に「COCORO BOOKS」へと変更されています。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

17シェア
0
17
0
0

Sponsored Contents