Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

「Xperia XZ4」は「XZ2」以来の大幅性能向上──Snapdragon 855の仕様から大胆予測

「XZ2」 →「XZ3」は性能に変化がなかった

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年12月12日, 午前08:00
147シェア
28
60
0
59

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

ソニーモバイルの次期フラグシップスマートフォン「Xperia XZ4」(仮称、以下同)は一体どんな仕様になるのか、クアルコムの最新ハイエンドSoC「Snapdragon 855」から大胆予想してみます。

CPU性能は45%、AI性能は300%向上

「Snapdragon 855」は、クアルコムが12月5日(現地時間)に発表した最新モバイルSoCです。近頃のXperiaシリーズはほぼ例外なく同シリーズのSnapdragonシリーズを採用しており、「Xperia XZ4」も「Snapdragon 855」を搭載するものと思われます。

その場合、基本スペックの大幅な向上が期待できます。7nmプロセスを採用する「Snapdragon 855」は、「Xperia XZ3」や「XZ2」が搭載する「Snadpragon 845」比でCPU性能が約1.45倍、GPU性能も約1.2倍に向上しています。

また、クアルコムのデモによれば消費電力も抑えられており、大人気モバイルゲーム「PUBG Mobile」プレイ時においても消費電力が3割ほど少ないことが示されています。


▲「Snapdragon 855」は「Snapdragon 845」比でCPU性能1.45倍

engadget▲PUBG mobileプレイ時の消費電力比較。「Snapdragon 845」(左)より「855」(右)のほうが30%バッテリーが長持ちする

また、カメラにも「AI」を活用した画作りが導入されそうです。というのも「Snapdragon 855」は「同845」比でAI性能が約3倍に向上。処理能力は7TOPSに達し、これは1秒間に7兆回の命令を処理できます。「iPhone XS」の「A12 Bionic」などもAIを活用した画作りを訴求していますが、「Xperia XZ4」もこれに倣う可能性がありそうです。

また「Snapdragon 855」は下り最大2GbpsのLTEに対応。別途X50モデムを搭載することで受信5Gbpsの5Gにも対応します。Xperia XZ4が5Gに対応する可能性も排除できません。

関連:
スマホ「5G時代」がついに到来 ミリ波にも対応、19年に各社発売

▲ひょっとすると5Gに対応しているかも

指紋センサーの位置も変わる?

また、最近のXperiaシリーズで賛否なのが、背面に移動した指紋センサーです。

なお、Xperia XZ4が搭載すると思われる「Snapdragon 855」では、超音波式の画面内指紋認証をサポートします。この超音波式は『真に実用的な画面内指紋センサー』とも呼べるもので、既存の画面内指紋センサー(光学式)に比べて高精度でセキュリティが高いのが特徴。別途モジュールを追加する必要があるものの、「Xperia XZ4」での採用も期待できるかもしれません。

3眼カメラを搭載?

その他噂によれば、「Xperia XZ4」は背面にトリプルレンズカメラを搭載するといった情報もあります。また、リークとされるレンダリング画像によれば、指紋センサーは背面から側面に回帰していることも示唆されています。ただ、側面の指紋センサーはベゼルレス化に不利とされており、本当にこのレンダリング画像のとおりになるのかは疑問符も付きます。



従来の発売パターンから予想すると、「Xperia XZ4」は2019年2月末のMWC 2019で発表される可能性が高そうです。なお「Snapdragon 855」は2019年に発売される各社ハイエンドAndroidスマートフォンに広く搭載される見通しです。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

147シェア
28
60
0
59

Sponsored Contents