Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGOの対戦追加アップデート配信開始。トレーナーバトルはレベル40から順次解禁

シンオウのいし採掘

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年12月12日, 午後08:42 in Niantic
73シェア
0
73
0
0

連載

注目記事




ポケモンGOにプレーヤーどうしの対戦機能「トレーナーバトル」を追加するアップデートの配信が始まりました。

トレーナーバトルの提供開始は「近日中」とされてきましたが、アプリ側の準備が整ったことで、いつ実際に遊べるようになっても不思議ではない状態です。

Pokemon GO
ポケモンGOの「トレーナーバトル」は、本編ゲーム『ポケットモンスター』シリーズのようなリアルタイムの対人ポケモンバトルができる新機能。

物理的に近くにいるプレーヤーどうしで、または親友・大親友ならばどこに居てもネットごしに、お互い三体のポケモンを戦わせるバトルができます。

また対戦する相手がいない、なかなか機会がない、実戦の前に練習したい場合のために、対人戦に加えて3人のチームリーダーと戦うトレーニングも可能です。

ポケモンGOの運営元ナイアンティックで開発中バージョンを試遊した際は、ブランシェ(青、ミスティック)が初級、キャンデラ(赤・ヴァーラー)が中級、スパーク(黄、インスティンクト)が  意外なことに 上級に決め打ちの設定でした。スパークのセリフは「しびれるバトルを頼むぜ!オレのポケモンのすごさを見せてやるからさ!」アッハイ。




トレーナーバトルの詳細は別記事に掲載しましたが、ごく簡単にまとめると

基本


・お互い3体ずつのパーティーで戦う
・スーパー・ハイパー・マスターの3リーグがあり、それぞれ参加できるポケモンの最大CPが異なる。
・リーグ制は特定の強ポケモン以外にも活躍の場を与え、レベル差のあるプレーヤーどうしでも対戦を成立させるため。
・相手のポケモンを全滅させたほう、または制限時間(4分)が終わった時点で残りのポケモンが多い方の勝利
・同数の場合、体力の「割合」が多いほうが勝つ
・バトルは1日に何度でもできる。

リワード

・バトル終了後、勝者にも敗者にもリワード(報酬)。確率で進化アイテム「シンオウのいし」がもらえる場合もある。
・バトルのリワードがもらえるのは、トレーニング(コンピュータ戦)では一日1回まで、対人戦では3回まで。つまり毎日対戦する相手がいるほうが、リワード稼ぎという意味では有利。
・リワードの内容は、(少なくとも当初の説明では) 勝者と敗者で差がない。ナイアンティックによれば、勝利そのものよりもプレーヤーどうしの交流促進を目的とした設計のため。

バトル

・従来のレイドやジム戦に近いが、スワイプによる回避がなく、1試合に2回だけ使える「シールド」がある。
・相手がスペシャルアタック(チャージ攻撃)を撃つと、シールドで回避するかの選択肢が数秒間現れる仕組み。
・シールドはスワイプ回避と違って予備動作やエフェクトに超反応する必要はないが、どの攻撃を受けてどれをシールドするか考える必要がある。
・チャージアタックを選ぶと、発動までの数秒間に画面を連続タップして力を溜めるミニゲーム的演出が入る。(相手はシールドを使うか選んでいる)
・交代あり。ただし開始直後や、交代直後に連続で交代はできない。

二つ目のスペシャルアタック(サードアタック)

・トレーナーバトル解禁と同時に、ポケモンが二つめのスペシャルアタック(サードアタック)を覚えられるようになる。
・サードアタックは、ほしのすなとアメを消費してポケモンごとに有効化する必要がある。コストは運用開始後のお楽しみ。
・解放したサードアタックはトレーナーバトル以外でも使える。

といったところ。

開始前時点の情報では、バトルをしないと手に入らないものはバトル関係のメダル程度で、そのほかのリワード内容は別の手段でも入手可能です。
(ただし現在もっとも希少なシンオウのいしは、トレーナーバトル以外にはフィールドリサーチを7日分こなした大発見報酬に確率で含まれるのみ。今後さらに別の入手方法が増える可能性はある)

トレーナーバトルはこれまでの新システムと同様、まずは高レベルのトレーナーから遊べるようになり、負荷などを確認しつつ段階的に解禁される見込みです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
73シェア
0
73
0
0

Sponsored Contents