Sponsored Contents

businessの最新記事

Image credit:
Save

米AmazonがChromecastの販売を再開。Googleとの和解に向けて進展?

初代Echo Showでは一時期YouTubeが視聴できました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年12月13日, 午後06:00 in business
116シェア
12
45
0
59

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

米Amazonが、GoogleのストリーミングデバイスChromecastの販売を再開しました。第3世代のChromecastが35ドル、Chromecast Ultraが69ドルで、それぞれGoogle Storeでの価格と同じです。

Amazonは、2015年10月に「プライムビデオをサポートしないストリーミングデバイスは取り扱わない」とのルールを発表し、Chromecastの販売を中止していました。2017年12月には、ChromecastがAmazonに復帰するとの話もありましたが、結局そこから1年かかったことになります。

AmazonがChromecastやGoogle Home、Nest製品を扱わない事に対してGoogleが不満を募らせ、Fire TVでのYouTubeアプリの利用を制限したのは2018年1月1日のこと。これに対し、AmazonはFirefoxやSilkブラウザ経由で視聴するという回避策を現在まで続けています。


そんな中での、今回のChromecast取扱い再開。これがAmazonとGoogleの和解に向けた話し合いの結果なのか、それとは関係のない話なのかが気になるところではあります。

もし和解に向かっているのであれば、Fire TVやEcho ShowなどでYouTubeアプリの利用が可能になるかもしれません。また、Googleが不満点として挙げていた、プライムビデオのChromecast対応も期待したいところです。

なお執筆時点では、日本のAmazonではGoogle公式の販売は行われていませんでした。








CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

116シェア
12
45
0
59

Sponsored Contents