Sponsored Contents

Samsungの最新記事

Image credit:
Save

サムスン、Supremeのフェイクブランドとのコラボを見直すと発表

そもそも、なぜコラボしようと思ったのか……

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年12月13日, 午後03:00 in Samsung
228シェア
106
76
0
46

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View

韓国サムスンは先日、中国にてファッションブランド「Supreme(シュプリーム)」の模倣ブランドとの提携を発表しましたが、現在同社は「提携を見直している」として、その姿勢を変化させています。

そもそもことの始まりは、サムスンが2018年12月10日に中国での「Galaxy A8s」のローンチイベントにて、「Supreme」との提携を発表したことにあります。実はこの「Supreme」、今流行りのニューヨーク発のストリートブランド......ではなく、なんとイタリアに存在するフェイクブランド「Supreme Italia」だったのです。

このSupreme ItaliaはニューヨークのSupremeと酷似するロゴを使用するも、イタリアでは法律上認定されており、どういうわけか合法的に存在する、と言っても過言ではないほどのブランドです。さらにこのSupreme Italiaは中国での商品の販売権利を持ち、一方でSupremeは持っていない、という事情があります。

しかし予想通り、サムスンとフェイクSupremeのコラボレーションは、発表後からSupremeファンのみならず、サムスン製品のファンからも盛大な批判にさらされました。そしてサムスンは中国語SNSのWeiboにて「提携を再検討する」との公式声明を発表した......という次第です。

記事執筆時点では、サムスンがフェイクSupremeとの提携を取りやめるのかどうかは不明です。しかしいくら中国国内での販売権を持つとはいえ、フェイクブランド的な企業とのコラボレーションの発表はあまりにも軽率だったのではないでしょうか。


228シェア
106
76
0
46

Sponsored Contents