Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

GPD、6インチの小型端末「GPD MicroPC」を公開。仕様を抑えたネットワーク技術者向け端末

帰ってきたLOOX U……?

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年12月14日, 午後06:40 in personal computing
126シェア
0
126
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
小型ゲーミングPCやラップトップPCを手掛ける中国GPDが、来年発売する新製品「GPD MicroPC」を発表しました。コミュニケーションツールのDiscordでGPD社長のWade氏が写真や仕様などを公開しています。

GPDといえば、GamePad Digitalの社名が示す通り、GPD WINやWIN 2などゲーミングデバイスのイメージがあります。しかし、その小型端末に関する技術を活かして、GPD Pocket /Pocket 2などの7インチラップトップPCも手掛けてもいます。



新たに発表されたGPD MicroPCは、ゲーミングデバイスでも一般的な利用を想定したものでもなく、主にネットワークエンジニアやシステム管理者に向けたデバイス。ネットワーク機器やサーバーなどに接続して使用する管理コンソールとしての用途が想定されているのが特徴です。

このため、背面にはシリアルポートや有線LANポートなど、レガシーインターフェースが備わっています。

GPD MicroPC

主な仕様は、6インチディスプレイ(解像度は不明)にCPUはCeleron N4100(4コア/4スレッド、2.4GHz)。メモリ4GB、ストレージ128GB。

インターフェースはシリアルポート×1、ギガビット有線LAN×1、USB Type-A (USB 3.0)×3、USB Type-C(充電兼用)×1、microSDスロット×1、HDMI×1。

キーボード上にはタッチパッドと左、中、右のマウスボタンを装備。珍しいところでは、ストラップホールも付いています。
GPD MicroPC

往年のUMPC、富士通LOOX Uシリーズのような外観で、どことなく懐かしさも感じますが、仕様が低めなので通常利用にはやや厳しそうです。

GPD MicroPCは2月15日からIndiegogoでクラウドファンディングを開始予定。価格は299ドル(約3万4000円)。2000台の限定になるとのことです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: Reddit
Source: Discord
126シェア
0
126
0
0

Sponsored Contents