Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

「ファーウェイもOPPOもグラデーション」なスマホ本体色トレンド、2019年はどうなる?

派手な仕上げはしばらくつづきそう、高級展開もおもしろい

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2018年12月16日, 午後12:00 in smartphone
30シェア
0
30
0
0


スマートフォンは毎日使い、眺めるもの。性能や機能も大切ですが、デザインや仕上げ、そして本体カラーも大きな重要度を持ちます。そしてそのトレンドは、止まることなく移り変わっていきます。

現在のデザイントレンドに関しては、2018年の終わりにきて各社から登場したノッチレスディスプレイが次第に主流となり、すっきりしたデザインのフロントパネルが主流になりそうな勢いです。

そして本体、とくに背面カラーを見ると、中国メーカーを中心にグラデーションを掛けて複数色を組み合わせた色合いの製品が増えており、次のトレンドとなりつつあります。OPPOもファーウェイも「トワイライト」など、2色を滑らかにミックスさせた色のモデルが増えているのです。

2019c

また、一見派手目ではないカラーでも、もはや単色仕上げは古い――と感じさせるのが、サムスンGalaxy S9の新色「ポラリスブルー」です。ホワイトとブルーを組み合わせたグラデーションカラーの背面仕上げは、今までのGalaxyシリーズにはない色合いを醸し出します。

Galaxy S9は春先に追加色として「レッド」が投入されましたが、こちらはビビッドな均一色で見た目をアピールする系統でした。しかしこのポラリスブルーは落ち着いた色でありながらグラデーションを見せるというタイプ。中国メーカーの動きに追従した「流行狙い」と言えるでしょう。

2019c

実はこうしたグラデーションカラーのカラバリは、ほかのメーカーからも少しずつ出てきています。例えば、シャオミにスマートフォン事業を譲渡するMeituのT9でも「イリュージョンホワイト」「イリュージョンピンク」が発売されました。これらはMeitu初のグラデーションカラーとなるモデルです。

2019c

さらに、オンライン販売を中心に展開を行っている中国の中小メーカーも、ファーウェイやOPPOっぽいカラーリングのスマートフォンを増やしています。あきらかに両者のパクリといえるメーカーが出ていているのは悲しいことで、値段を武器にした販売を行っていますが、長続きはしないでしょう。
一方で「それっぽい」デザインをしながらも、独自展開を行うメーカーもあります。このあたりの線引きはやや難しいところ。

2019c

この冬のモデルで本体カラーといえば、多色展開を行っている「iPhone XR」も挙げられますが、こちらは単一色がベース。中国メーカーのグラデーションカラーの新製品と並べると、ともすれば古臭さを感じてしまうかもしれません。

中国の家電量販店ではiPhone XRを全色並べる店は多くないため、店頭レベルでは全色を並べたときに比べ、華やかさは薄めとなります。このようにカラバリ展示の少ない場合では、1台で複数の表情を見せてくれるグラデーションカラーの中国メーカーモデルのほうが華やかに見えるように思えます。

2019c

ファーウェイやOPPOのトレンドに対して、同じグラデーション系でも少し別路線なのがOnePlus 6Tです。こちらのグラデーションはつや消しのマット仕上げとなっており、似ているようで似ていないという絶妙な色合いを出しています。

OnePlusはOPPO傘下なので、こうした色や仕上げの系統違いは、両社の差別化を図るべく、あらかじめ話合いなどで決めているのでは、と思えるかのようです。このようにグラデーションと一言でいっても、実際のバリエーションは様々な展開ができるわけです。

2019c

さてこのグラデーションカラー、流行はいつまで続くのでしょうか? おそらく2019年には類似のカラーリングを施した端末が各社から出てくることになり、さらに大きなトレンドになると思われます。しかし派手な色合いほど飽きられるのも早いかもしれません。
そのため各社は次なるデザイントレンドを作るべく、2019年の最初のモデルから様々な工夫を展開していくでしょう。

例えばOPPOは、2018年に背面でのダイヤモンドカットデザインの提案も行いましたが、広がりませんでした。しかしこれは今になってVivoが追従を始めています。またファーウェイは、P20シリーズの秋モデル展開として背面革張りのモデルを出しています。もし他社が追随するようであれば、高価格帯モデルの一部で革仕上げが流行るかもしれませんね。

2019c

いずれにせよスマートフォンのカラバリ展開の流行は、2019年においても中国メーカーから生まれてくることは間違いなさそう。ですがともすれば、ノッチ画面のように、独自の戦略を守り続けるアップルから、次のトレンドが出てくるのかもしれません。

こうした来年のスマートフォンデザインのトレンドは、2019年2月に開催予定のMWC2019で見ることができそうです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

30シェア
0
30
0
0

Sponsored Contents