Sponsored Contents

Businessの最新記事

Image credit:
Save

アップルに元マイクロソフト~テスラのデザイナーが加入。自動運転車開発に携わる?

自動運転"ユニット"開発に絞り込んだと言われていましたが...

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年12月18日, 午後12:20 in Business
40シェア
0
40
0
0

連載

注目記事

アップルが、マイクロソフト~テスラを渡り歩いたデザイナー、アンドリュー・キム氏をデザインチームに迎え入れました。

キム氏は、さかのぼればiOSデバイスを机の上にスマートに配置できるスタンドをデザインしたことが話題となったデザイナー。2012年には "いちファンの企画" としてマイクロソフトのリブランディングとデザインランゲージに関するビジョンを示し、それをきっかけにマイクロソフトに入社、HoloLensやXbox One S、そして、Windows 10のUI設計に加わってきました。

そして、マイクロソフトからテスラへと移ったキム氏は、2016年にシニアデザインマネージャーとして新型のRoadsterやSemiトラックをはじめ、ほぼすべてのテスラ車のデザインに携わったとされます。

アップルは8月にもテスラから車両設計のチーフエンジニアを迎え入れており、キム氏がもしアップルの自動運転開発チームに加わるのであれば、それはアップルが自動運転車をふたたび自製しようとしている可能性を示しているかもしれません。

ただ、OSのUIから自動車のデザインまでと幅広い守備範囲を持つキム氏が、具体的にどの仕事を担当するようになるかは、まだ明らかではありません。

アップルにはジョニー・アイブという強大なボスがおり、おそらくいまもアップル製品のデザイン全体を取り仕切っているはずです。それでも、キム氏のような地力あるデザイナーが加入することは、そのデザインチーム内に新たな風を呼び込むという意味でもプラスに作用するはずです。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

40シェア
0
40
0
0

Sponsored Contents