Sponsored Contents

comicsの最新記事

Image credit:
Save

Nintendo Switch向けに定額制コミック読み放題アプリが海外でリリース。月額料金は約900円

将来的に日本のマンガも読めるようになるとのこと

Kiyoshi Tane
2018年12月17日, 午後05:00 in Comics
78シェア
10
68
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

ノルウェーのInkyPen ASは、12月17日から定額コミック読み放題サービスのアプリを「Inky Pen」をNintendo Switch向けに海外でリリースすると発表しました。

月額価格はアメリカで8ドル(約900円)、ヨーロッパで8ユーロ(約1030円)とのこと。初期のサービスは英語圏に向けて提供するとされていますが、すでに様々な出版社や作家による数千ものコミックを読むことができると述べられています。

InkyPenは、今年8月に開発が発表されていたもの。元々は11月にリリース予定とされていましたが、少し時期が延びたかたちです。

また、その際はValiant、IDW、Dynamite Entertainment、LesHumanoïdesAssociés、Andrews McMeel(以上、海外のコミックレーベル)を含む数千のコミックが読めると報じられていましたが、DCやマーベルのような大手出版社は対象とされないようです。

とはいえ、公式FAQには「MANGA(日本のマンガを意味する)は読めますか?」との質問に対して「もちろん!近日中に、情報をお伝えする予定です」と回答しています。

さらに現在は作業に手一杯で見合わせているものの、将来的にはコミックの持ち込みも受け付けるとされており、今後いっそうライブラリの充実が進められる可能性があります。



本アプリは携帯モードおよびTVモードの両方に対応するとのこと。Switch本体の6.2インチ画面でタッチパネルでページをめくるように読んでもよし、大画面テレビに繋げて迫力ある画像や細かなディティールを楽しむこともできるわけです。

InkyPenは当面はSwitch専用アプリとなりますが、ゆくゆくは他のプラットフォームにも展開していく予定とのこと。日本向けのリリースには言及されていないものの、「ほとんどのコンテンツは一部例外を除いて全世界で利用可能です」と述べられており、期待してもいいかもしれません



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: InkeyPen AS
78シェア
10
68
0

Sponsored Contents